会津泉略歴

会 津 泉

アジアネットワーク研究所 代表
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
(GLOCOM)主任研究員(併任)
ハイパーネットワーク社会研究所 主幹研究員(兼任)
会津泉写真
(2001年8月現在)
1952年5月26日 仙台市生まれ。高校卒業後、印刷現場、営業に従事。
1976年 海外向け広告・広報の営業、企画・制作に従事。
1983年 パソコン・ワ−プロの日本語マニュアル制作を手がける。
1985年 フリ−になり、米国のパソコンネットワ−クの実態調査を実施。
1986年 (株)ネットワ−キングデザイン研究所設立、
日本でのヒュ−マン・ネットワ−クの定着をめざし、
パソコン通信を中心に海外動向、地域・企業組織への導入・利用に関する
調査・研究、普及活動に従事。
大分COARA(大分パソコン通信アマチュア研究協会)の活動に
東京から積極参加。
1987年−93年 パソコン通信の全国会議「ネットワ−キングフォ−ラム」の企画・開催
(東京、大分、富山、仙台、滋賀、神奈川、小樽、ソウル、桐生、藤沢)。
また米国、欧州、アジア各国のネットワーカーとの国際交流に尽力。
1990年 「ハイパーネットワーク日出会議」を企画・運営し、
新しいネットワーク社会のあり方についての研究を開始。
1991年 GLOCOM(国際大学グロ−バル・コミュニケ−ション・センタ−)企画室長兼任。
インターネットを中心に、日本の情報通信産業の戦略、
政策研究にかかわり、米国、欧州、アジア各国の情報政策分野の研究者、
政策担当者との交流を深める。
1993年 (財)ハイパ−ネットワ−ク社会研究所研究企画部長を兼任。
未来のネットワーク社会についての研究・実践活動を推進。
「ハイパーネットワーク別府湾会議(1992、94、95、97年)」、
「同地域実験」、「CANワークショップ」など、地域ネットワークを中心に、
インターネットの普及活動に従事。
1997年4月 マレーシア(クアラルンプール)に移動し、アジアネットワーク研究所を設立、
アジアにおけるネットワーク社会についての研究と実践を開始。
1998年6月−2000年12月 アジア太平洋インターネット協会(APIA)事務局長を兼任。
2000年4月 東京に拠点を移動し、活動を継続し、今日にいたる。

●著 書
『はじめてのあっぷる』(共著・小学館 1984年)
『アメリカにおけるパソコンネットワ−ク実態調査報告書』
 (ネットワ−キングデザイン研究所 1985年)
『パソコンネットワ−ク革命』(日本経済新聞社 1986年)
『進化するネットワーク』(NTT出版 1994年)
『入門インターネット・ビジネス』(共編著・日本経済新聞社 1996年)
『アジアからのネット革命』(岩波書店 2001年)

●訳 書
『ユ−ザ−マニュアル執筆ガイド』(Brad McGhee ・共訳・日経BP社 1984年)
『スカリ−』(John Sculley・早川書房 1988年)
『ネットワ−ルド』(Albert Bressand ・東洋経済新報社 1991年)
『バーチャル・コミュニティ』(Howard Rheingold ・三田出版会 1995年)

●英文著作・論文
"Co-emulation: The Case for a Global HyperNetwork Society"
  in Global Networks, Shumpei Kumon and Izumi Aizu(MIT PRESS 1994)
"Not problems, opportunities"
  An interview with NTT President Masashi Kojima, WIRED, Dec. 1994
"The Emergence of Netizens: The Cultural Impact of Network Evolution in Japan",
  NIRA Review, Fall 1995.

●研究分野・関心領域
・ ネットワーク社会論、コミュニケーション論
・ アジアにおけるインターネットの普及・発展プロセス
・ 地域ネットワークの社会システムとしての成立原理とそのプロセス

●委員会等の活動
1986年 郵政省「パソコンネットワーク研究会」
自治省「パソコン通信研究会」、通産省「パソコン通信研究会」、各専門委員。
以降、各省庁・自治体の情報通信関係の各種研究会、委員会に参加。
1990年 NA (Electronic Networking Association) 副会長
1992年 NTT「電気通信技術委員会」専門委員
1993年 日本インターネット協会幹事 国際交流部会長
1997年 APNG(Asia Pacific Networking Group) 副会長(渉外担当)
1998年 Advisor, Aspen Institute Internet Policy Project
Membership Advisory Committee,
  Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN)
1999年 郵政省「次世代インターネット研究会」
2000年 Advisor, Internet Content Rating Association
国土庁「ITを活用した首都機能都市の在り方に関する検討会」委員
ISOC (Internet Society)、APIA (Asia & Pacific Internet Association)
IEEE、ACM、情報処理学会 各会員

●受 賞
1988年 ENA(Electronic Networking Association)より、
グローバル・ネットワーキングづくりに貢献したとして、デビッド・ロデール賞。
1990年 韓国 Electronic Mail Pal (EMPAL)より、
日韓ネットワーカーの交流親善に貢献したとして感謝盾。
1995年 電気通信普及財団より、『進化するネットワーク』(NTT出版1994)で、
電気通信普及財団テレコム社会科学賞。
1996年 情報処理学会より、「インターネットの進化発展の意味」
(『情報処理』1995年10月号)で、1996年ベストオーサー賞。



| ANRとは  | 沿革  | 主な研究活動・アウトプット  | 会津泉略歴 |



logo-s2.gif (株)アジアネットワーク研究所
〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1-28-15
TEL: 03-3725-3801  FAX: 03-3725-4960
E-mail : info@anr.org

Copyright(C) 2000-2002 (株)アジアネットワーク研究所