iznewsハイライト November 2004

Date: Tue, 09 Nov 2004 00:27:19 +0900
From: Izumi Aizu
Subject: [iznews 00645] Re: Does the Internet Need to be Governed?

ビントの言いたい<気持ち>はわからないでもないけど、
でもそれだけ言っていても、解決にはならないと思います。

「インターネットガバナンス」は、すぐれて政治用語になってしまったので、
いまさら、使うべきとかそうでないとか、いくら言っても、それはいってみれば
「一周遅れ」の議論です。 ICANNにも、明らかに、public policy に関連する
課題はあるし、インターネットには、もっとそれ以上の広がりがあります。
インターネットの基本となったIPプロトコルを「発明」した Vint は、ICANN
以外のインターネット全般の問題についても発言する権利と責任があると
思うので、彼がICANNの殻にこもろうとするのであれば、それは不毛だと
思います。

会津泉

At 17:58 04/11/08 +0900, IKEDA Nobuo wrote:
>By Vinton Cerf
>
> > It has been suggested by some participants in the WSIS discussions that
> > the role of ICANN might be undertaken by the traditional International
> > Telecommunications Union (ITU). While the ITU has served the world as
> > the international forum for the handling of many international issues
> > associated with traditional tele-communications, the Internet has
> > disrupted the neat categorization of various telecommunications media.
> > It is the potential bearer of every form of communication. ICANN has
> > evolved international processes and structures over the last six years
> > to cope with a limited set of issues associated with this rich, complex
> > and rapidly evolving infrastructure. The world needs an effective and
> > well-supported ICANN but the participants in the World Summit on the
> > Information Society and the Working Group on Internet Governance now
> > need to turn their attention to the full panoply of public policy issues
> > that, as discussed above, lie outside the mandate of ICANN. These need a
> > thorough and open airing in this next phase of the World Summit on the
> > Information Society.
>
>http://www.circleid.com/article/795_0_1_0_C/
>
>私は、もう「インターネット・ガバナンス」という意味不明の言葉を使うのをや
>めたほうがいいと思います。
>
>--
>池田信夫

*****************************************
Date: Wed, 10 Nov 2004 01:28:24 +0900
From: Izumi Aizu
Subject: [iznews 00646] インターネット・ユーザーズ・ネットワーク

前に、このiznewsでお知らせしたのですが、

インターネット・ユーザーズ・ネットワーク というグループを2月に
立ち上げ、ホソボソと、活動をしています。

ウェブも、仮、ですが、立ち上がっています。

http://www.iunet.org/ です。

この間、ICANNのAtLargeの単位組織、ALSに認定されました。

また、WSISのインターネットガバナンス議論に日本から取り組もうという
IGTF(インターネットガバナンス・タスクフォース)のメンバーにもなり
ました。 www.igtf.jp です。

ですが、まだまだ活動の実体ができていません。。。
そこで、今度12月に今後の活動の方向、内容などを議論するブレストをしようと
いうことになりました。
 
「世話人」の間では、来年、ユーザー同士の交流のイベントをしようといった
アイディアが出ていますが、もっと幅の広い皆さんと一緒に考えてみたい、と
思ってのことです。

この機会に、まだ参加されていない皆さんにも、よろしければぜひメーリングリ
ストだけでも、ご参加いただければとお誘いします。

参加方法は、こちらにあります。ヤフーグループです。

http://groups.yahoo.co.jp/group/IUN_T/

ということで、よろしくお願いします。

会津 泉

*****************************************
Date: Mon, 15 Nov 2004 21:43:45 +0900
From: Izumi Aizu
Subject: [iznews 00647] Fwd: 宮本文昭さん講演会のお知らせ

めったにない機会だと思いますので、ぜひどうぞ。

会津泉

>Date: Tue, 09 Nov 2004 23:49:18 +0900
>From: SAKURA Osamu
>Subject: 宮本文昭さん講演会のお知らせ
>
>東大情報学環の佐倉です。
>
>こんにちは。bccでお送りしています。急に朝晩冷え込むようになりましたが、
>お元気でお過ごしのことと思います。
>
>このたび、下記の講演を情報学環で企画いたしました。宮本文昭さんは世界でも
>トップクラスのオーボエ奏者です。ちょっと珍しい機会だと思いますので、是非
>御参加ください。昔、タバコのピースのCMにも出ていらっしゃいました。
>
>なお、このメールは転送自由です。あちこち宣伝してくださるとうれしいです。
>
>====================================
> 佐倉統(さくら・おさむ)
> 東京大学情報学環
>====================================
>
>東京大学大学院情報学環
>第15回学環講話会 異能のひとシリーズ
>
>演者:宮本文昭(オーボエ奏者)
>テーマ:形ないものを人に伝える仕事
>日時:11月24日(水)18:30−20:00
>場所:工学部2号館1階セミナー室2
>(地図→ http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html
>進行:東京大学大学院情報学環・佐倉統助教授
>
>※入場無料、事前申し込み不要
>
>お問い合わせ:佐倉統(sakura@iii.u-tokyo.ac.jp;03-5841-2662)まで。
>
>さまざまなジャンルで活躍する異才をお招きしている「異能のひと」シリーズ、
>今回は世界的なオーボエ奏者の宮本文昭さんをお招きします。ドイツのトップ・
>オケの首席奏者を歴任し、ポップ・ミュージシャンとのクロスオーバー活動も熱
>心におこなうなど、オーボエという楽器の表現技法に革命を起こした方です。そ
>の宮本さんが、今、日本で後身の指導に専念しています。ある年齢になったら、
>自分の後継者を育てたくなったとおっしゃっています。厳しいことで知られる彼
>の教育観や教育方法、自分の奏法を後世に伝えるのはなぜか、そして、領域を越
>えて活動することの意義など、存分に語っていただきます。分野の壁や限界にあ
>たったときに、どうやってそれを突破していけばいいのか、どのように自分たち
>の立ち位置を定めていくか、悩んでいる人も多いと思います。宮本さんの経験は
>きっと役に立つことと思います。ふるって御参加ください。講演後、気軽な懇談
>会も予定しています。
>
>
>宮本文昭(みやもと・ふみあき)
>オーボエ奏者。エッセン市立交響楽団、フランクフルト放送交響楽団を経て、ケ
>ルン放送交響楽団首席オーボエ奏者を歴任。現在は東京音楽大学教授として後進
>の指導にあたるほか、サイトウキネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団の首席
>オーボエ奏者としても活動。和楽器やガムラン、アメリカンポップスやジャズの
>奏者達とのセッションをみずからプロデュースするなどオーボエの新境地を次々
>と開拓し続ける。公式ページ http://www.music.ne.jp/~fmo/miyamoto/

*****************************************
Date: Fri, 19 Nov 2004 00:42:32 +0900
From: Izumi Aizu
Subject: [iznews 00648] <情報モラル啓発セミナー>のご案内です

《 重複お詫び、転載歓迎》

 3月に福岡で、10月に仙台で開催して好評だった「情報モラル」をテーマとした
セミナー、第3弾を12月に東京で開きます。

ハイパー研の主催で、私も企画にかかわってきました。なので、責任をもって
お勧めします。<無料>にしては、濃い内容のつもりです。個人情報保護法
の完全施行を控えて、タイムリーなセミナーです。

周囲に関心をお持ちの方も含めて、ぜひお誘い合わせのうえご参加をと
思います。なお、2月には沖縄で開催を予定しています。

会津 泉

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
  ■■■■■■■■平成16年度情報モラル啓発セミナー■■■■■■
        【情報社会で企業が問われる社会的責任】
    ■■■■個人情報保護・情報セキュリティへの対策■■■■
 
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
 本セミナーでは、情報社会において企業がより高い信頼を獲得するため、
 また、経営 リスクを最小限にして社会的責任を果たすために、行動すべき
 ことについてご紹介いたします。これから個人情報保護や情報セキュリティ
 対策に取り組む企業の方々は、是非、ご参加下さい。

◇日時:平成16年12月16日(木) 13時10分〜17時30分
◇対象:企業の経営者・管理者、実務担当者、企業でインターネットを活用する人等
◇定員:500名 参加料無料(定員になり次第締め切ります) 
◇場所:日本教育会館一ツ橋ホール 東京都千代田区一ツ橋2−6−2

◆プログラム

◇主催者挨拶 13:10〜13:15
 
◇講演1:13:15〜13:45
 テーマ:「IT革命時代における企業活動と個人情報保護」
 講 師:東洋大学 経済学部社会経済システム学科 教授 松原 聡 氏
 内 容:IT革命と企業活動、企業における個人情報保護の必要性
 
◇講演1:13:45〜14:45
 テーマ:「情報社会における企業の社会的責任」
 講 師:牧野総合法律事務所 弁護士 牧野 二郎 氏
 内 容:情報社会の問題点(個人情報漏洩問題など)、企業の社会的責任、
     企業に問われる情報モラル、個人情報保護法の基礎知識
 
◇講演2:15:00〜16:00
 テーマ:「個人情報保護に対する企業の具体的な取り組み
      −プライバシーマークの取得−」
 講 師:株式会社インターネットプライバシー研究所 代表取締役 高木 寛 氏
 内 容:個人情報とプライバシー、
     個人情報を守るための企業の具体的な取り組み
     −プライバシーマークの取得を例に−
 
◇講演3:16:00〜17:00
 テーマ:「経済産業分野ー個人情報ガイドラインの理解と活用」
 講 師:経済産業省 商務情報政策局情報経済課 太田 克良 氏
 内 容:ガイドライン作成の目的、作成の方針、考え方、内容について、
     いくつか具体的説明
      
◆セミナー参加申し込み方法
◇ホームページでの参加登録(http://www.hyper.or.jp/moral/
◇メール(moral-sanka@hyper.or.jp)またはFAX(097-537-8820)による申し込み
 記載事項@件名:「       」団体からの紹介
     ※紹介された団体がございましたらご記入ください。
     A会社名 B所属・役職 C氏名 D住所 E電子メールアドレス
     F電話番号・FAX

-----------------
◇主催:中小企業庁、(財)ハイパーネットワーク社会研究所
◇後援:(独)情報処理推進機構、(財)日本情報処理開発協会、
    全国中小企業団体中央会、東京商工会議所、東京都商工会連合会、
    都内各法人会、(財)東京都中小企業振興公社、(財)茨城県中小企業振興 公社、
    (財)栃木県産業振興センター、(財)群馬県産業支援機構、
    (財)埼玉県中小企業振興公社、(財)千葉県産業振興センター、
    (財)神奈川中小企業センター、(財)にいがた産業創造機構、
    (財)やまなし産業支援機構、(財)長野県中小企業振興公社、
    (財)しずおか産業創造機構、(財)横浜産業振興公社、
    (財)川崎市産業振興財団、(財)千葉市産業振興財団、
    NPO日本ネットワークセキュリティ協会、日本経済新聞社、
    時事通信社、読売新聞社、他(以上予定)

◇協力:国際大学GLOCOM、CANフォーラム、日経デジタルコア(以上予定)

◆お問い合せ先
 〒870-0037 大分県大分市東春日町51−6 大分第2ソフィアプラザビル4F
 財団法人ハイパーネットワーク社会研究所  担当:渡辺、青木、石井
 http://www.hyper.or.jp/
 Tel:097-537-8180 Fax:097-537-8820

*****************************************
Date: Mon, 22 Nov 2004 10:30:38 +0900
From: Izumi Aizu
Subject: [iznews 00649] 出かけます

今年で、たぶん一番の長期出張となります。

23-25日が、国連のインターネットガバナンス作業部会の会議で、
24日だけ「オープン会合」なので、そこに出ます。あとは、舞台裏
の「ロビー活動」。

その後、ケープタウンで、30日から5日までが、ICANNの会議、
さらに、6-8日が、同じケープタウンでWSIS関連の会合があり、
日本には、たぶん9日に戻ることになります(一部未定のため)。

話は変わりますが、皆さんは、RSSリーダーとか、ニュースリーダーなど
お使いでしょうか? ご存知ない方のために、、、私もごく最近使い
はじめたのですが、いくつかフリーソフトがあり、あらかじめ指定しておいた
ブログの更新情報を自動的にキャッチして、簡単に読めるようにして
もらえる、とても便利なツールですので、ぜひお試しください。

では、そろそろ搭乗時間なので、、行ってきます。

会津泉

 

iznewsのtopへ戻る




logo-s2.gif (株)アジアネットワーク研究所
〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1-28-15
TEL: 03-3725-3801  FAX: 03-3725-4960
E-mail :

Copyright(C) 2000-2004 (株)アジアネットワーク研究所