iznewsハイライト October 2003

Date: Wed, 01 Oct 2003 13:07:02 +0900
From: Izumi Aizu
Subject: [iznews 00410] 戻りました

昨日午後、帰国しました。

実は週末だけ<夏休み>をもらって、シャモニー、トリノ、リヨンと回ってきました。
モンブランを見たり、「最後の晩餐」を見たり。

トリノでは、私もメンバーをしている、ICANNの AtLarge Advisory Committee
の会長、VIttorio Beltora氏と会って、WSISとICANNの話をいろいろしたり。

彼がサッカーファンで、セリエBの地元チーム、トリノ対パレルモの試合も見て
きました。トリノにはジュベンタスという強豪、たしか今年のイタリアリーグチャン ピオン
がいるのですが、もう一つの地元チーム、トリノのほうがローカルな人気は高い
ということでした。

WSISは、最終日も、夜9時半まで紛糾。結局、宣言案と実行計画の草稿を最後まで
まとめることができず、11月10-14日に今回のPrepCom3の続きをやることになりそう
です。ただし、そのための予算がないので、その手当てが必要だ、と。さらに、12月
のサミット本番10-12日の直前にも、あらためて会合を開くという案があるようです。
11月の結果次第ですが。 途上国などは、費用が嵩むと不満が強いのです。
実際、われわれも、そうそう出張はできません。困ったもんです。

内容的には、「南北対立」の要素が強い会議です。WTOカンクン会議の影響が明らか
に見られると思います。途上国側のまとまりが良くなってきて。中国、ブラジル、南ア
などがリーダー的に行動し。ICANNの扱いも、大きな焦点で、ワーキンググループでも
だいぶ揉め続けました。現在の体制を維持するのか、ITUなど、国際機関が担当す
るよう変えるのか、、、アメリカ主導を認めるのか認めないのか、、、単純にいえば、
こういう対立でした。いずれにしても、国際政治の本流のなかに、ネットの管理問題
がはっきり入ってきたといえます。

今回は、途中でラップトップが故障し、かなり困りました。立上げ時にハードディスクが
読み込めなくなって、そのまま動かなくなります。ディスクドライブの故障か、マザー
ボードか。このマシン、すでに2回修理に出しています。最初は保障期間中だったので
無償、次も、すぐ後で、「原因不明」ということでボード交換でした。

ここに書いたので、いろいろな方から「ヘルプ」メールをいただきました。ありがとう
ございました。とくに辻さんからは、オーストリアのご友人を紹介いただき、お世話に
はなりませんでしたが、心強く思いました。

WSISの会場には、ターミナルルームで、パソコンが30台ぐらい用意され、自由に
使えるので、そこでウェブメールを使いました。日本語も表示できるので読めて、
書くのはできなかったのですが。ITUの地下のマシンなら設定を変えれば書ける
ことも教わりました。ただし、いつも込んでいて、空くのを待たないと使えないし、
ホテルでは使えないし、添付ファイルを読んだり操作したりして返事を書くといった
「濃い」作業はできないので、少々不便でした。

週末の移動中は、インターネット・カフェを使ってみました。シャモニーではホテル
にあって、15分で5ユーロ、30分で8ユーロ(約1000円)、ダウンロードして読んで
どうしてもというのだけ、英語で返事をして、すぐ30分。ちなみに、私はYahoo
メールに口座をもって、「外部メール確認」という機能を使って、ANRのサーバー
から読み出してました。自分のサーバーのIDとパスワードがわかっていれば、
この機能で読み出せます。もっとも、いま調べたら、ANRのサーバーにも「ウェブ
メール機能」は付属しているので、それを使うことも可能でした。

ハードウェアは、「絶対安全」ではないので、トラブルにも心の用意はある程度は
しています。バックアップも、他のマシンに、わりとまめにしているつもりなのです が、、
でも、怖いですね。依存度はとても高いのだと、あらためて気がつきました。
その分、バックアップ方法も、考えていかないと、、、

来週は、中国出張、2週間です。その後もすぐ出張なので、対策を実行する時間も
限られていて、、、、。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Tue, 07 Oct 2003 09:25:32 +0900

From: Izumi AIZU
Subject: [iznews 00414] 京都から東京へ

どうもここには、移動中に書くことが多くなります。
ジュネーブ、イタリアから戻って一週間、やっと昨日、時差ぼけが
とれたかなって思います。それまで、夜中に数時間目が覚めることが
多くて、なかなかストレートに睡眠がとれなかったのですが。

さて、昨日、大阪と京都に出張しました。スマートモバイル社会研究会
という新しい企画の「営業」で。

夜は、京都で、スタンフォード日本センターの中村伊知哉さん、大阪府の
情報科学課長の浅野さん、NTTコム関西支店長になられた澤田純さんと、
このリストのメンバーの皆さん、そして、総務省出身で京都府副知事の佐村
さんとわいわい楽しく一杯やりました。関西も元気になりそうですね。

日経の地域情報化大賞、このリストのメンバーの皆さんが大活躍されました。
審査委員長の國領さん、坪田さんをはじめ、、受賞者の桐生の塩崎さん、
鳳雛の飯盛さんは、弟さん。。。

さて、今度は木曜から、中国出張です。すこし長く、約二週間余。北京だけ
でなく、西安、ウルムチ、広州、上海とまわる予定です。まだ今日まで国慶節
の休暇で、準備がバタバタなのですが。中国の国家経済情報システムという
政府のネットワークの「評価」という、難しい仕事に挑戦です。

名古屋に着きました。PHSで送ります。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Thu, 16 Oct 2003 01:10:34 +0900
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews 00420] 西安にきました

先週から中国に来ています。国家経済情報システム、調査の仕事です。
政府の情報システム、情報公開のあり方などなど、いろいろ考えさせられ
るところも多く、勉強になります。中国の「改革」の進展と大いに関係があ
ると思います。

で、今日の夕方まで北京で、さきほど、ここ西安に移動してきました。
長安の古都、シルクロードの入り口、です。町の様子はまだよくわかりま
せんが、とりあえず、9時過ぎに中心部の鐘楼の回りを歩きました。
開いているレストランがなくて、けっこう困りましたが、やっと安いところを
タクシーに乗って、運転手さんに連れていってもらって、みつけました。

ネット環境は、このホテルはブロードバンドです。ただし、最初にチェック
インした部屋は故障していて、変えてもらってやっと使えるようになりました。

明後日、ウルムチに移動します。

中国は、テレビは、有人衛星打上げの祝賀ムード一色です。
昼間の北京市との会議の途中でも、ネットでわかって、みんなで
祝杯でした。

ここからわりと近いところで打上げられたようです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Sat, 18 Oct 2003 10:42:26 +0900
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews 00422] from Urumqi

昨日の午後、シルクロードのど真中、ウルムチまで来ました。
町はかなり漢人=中国の色彩が強いのですが、郊外の風景は
砂漠、、前に行った、イスラエルの南の砂漠の風景を思い出して
いました。遠くに雪の高山、天山山脈につながる山々です。

幸い、天気がよくて10度を超えて暖かく、夜もそうたいした寒さ
ではありませんでした。南部は、ウィグル族などの「少数」民族
が住む地域で、そのなかの、できたばかりの大きなショッピング
センターにある、歌と踊りのディナーショーに地元の人と一緒
に行きました。

きらびやかな舞台、ドライアイスの煙を多用して派手な照明に、
ウィグル族は、モンゴルその他と思われる少数民族の踊り、
歌が次々に展開されます。

食事は、ヨーグルトに始まり、羊の串焼きをはじめ、ウサギ
の脚の燻製風、さつまいもとかぼちゃの蒸し物、川魚のフライ
などなど、次々に出てきます。ビールの一気のみを何回も
挑戦されるのですが、途中でテキトウにかわすことにしました。

中国は全土統一した標準時間ですが、ここ新疆ウィグル
自治区は、生活慣用には2時間遅れの時間が適用され、
二重なのです。今朝は10時半からの会議といわれて、遅くて
助かったと思ったら、実際?は、北京時間でいえば8時半、
ぜんぜん遅くはないのです・・・。

ということで、いまから調査に出かけます。明日は四川省の
成都に移動、一泊したら広州へと南下します。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Sun, 26 Oct 2003 09:19:44 +0900
From: Izumi Aizu
Subject: [iznews 00426] 今度はチュニジアです

ウルムチ以来、ご無沙汰しました。

なにしろ、移動が多くて、なかなか時間がとれず、その間にも
中国の各地の皆さんが歓迎してくださるので、夜もどうしても
遅くなりがちで、、楽しいし実りのある旅でしたが、かなりハード
でした。国内線の移動は、だいたい遅れ気味で、、

北京に着いたのもそうで、空港のそばのホテルにしたのですが、
チェックインしたのが、ICANNのAtLargeの電話会議の5分前、
部屋に入るとすぐに開始。他にも原稿の締め切りとか、もろもろ
の事務連絡、、翌日の準備etcでした。

幸い時差がないので(ウルムチは2時間ですが)、その点では
楽です。で、いまは成田への電車のなかです。

昨日の午後3時頃帰宅し、修理に出しておいたラップトップ
が戻ってきたので(原因不明で立ち上がらなくなり、ハードディスク
マザーボード共交換、保障を有料で延長したばかりで、助かり
ました)、必要なソフトをインストールし、データをコピーするのに
夜中までかかりました。

チュニジアがどんなところかもよくわかっていなくて、とりあえず
成田の本屋さんで地球の歩き方やその他の参考書を探して
一夜漬けするつもりです。

今回のICANN会議では、ArLarge(一般会員)の助言委員会
での活動がメインです。WSISについてのセッションを開催する
予定で。ICANNの存在の枠組みそのものが問われているWSIS
について、ICANNの関係者の問題意識は、実はとっても低い
のです。

「技術」のプロの人たちは、「政府」とか「政治」には、まず拒絶反応
を示し、どうしても理解が足りません。反対に、政府の人たちも、「技
術」というと「わからない」という対応をして、自分たちが理解しやすい、
政治的な文脈での現象だけに注目、議論しがちです。

「一般利用者=市民」の代表としてのAtLargeは、まさにこうした
問題でこそ、両者の溝を埋め、社会全体にとって、何がどうあるべ
きか、積極的な発言をする機会、義務があると思っています。

WSISのほうは、11月14日ー17日、またまたジュネーブで、9月に
合意できずに積み残した議論を、12月のサミット本番前に、いわば
「延長戦」として議論することになっています。しかし、さすがに、
時間的にも資金的にも、そうそう参加し続けるわけにはいきません。

11月は中国出張を受けて、報告書書きが待っています。
そろそろ成田に着きそうです。では、また報告します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Sun, 26 Oct 2003 18:30:25 +0900
From: Izumi Aizu
Subject: [iznews 00428] よろしければ、、

図書館の話題で、盛り上がりましたね。私もなにか書かなければと
思いつつ、その余裕がなく、ついつい失礼しました。

このリスト、最近、新しく入られた方がかなりいらっしゃいます。
一方、異動などでアドレスが変更になり、ご連絡がないまま、
エラーで戻ってきて登録をはずさなければならなかった方も、何人か
いらっしゃいます。継続を希望される場合には、異動の前に新アドレ
スをご連絡いただければ幸いです。

さて、新しい方も以前からの方も、自己紹介なり近況報告なりを書いて
いただければ幸いです。といっても、ここはあくまでインフォーマルな場
ですので、義務でも強制でもありません。いわゆるROM(Read Only Member)
をされてもぜんぜんかまいません。もし皆さんが全員書きはじめたら、
大変なことになってしまいますので ;-)

それと、ここに投稿された内容は、あくまで「インフォーマル」なものです
ので他の場所への転載・転用や引用などは、原則として避けてください。
 必要な場合には、必ず該当の投稿をされた方と直接ご連絡をとって、
了解を得るようにしてください。

ただし、明らかにだれでも知っていること、イベントのお知らせなど、
内容的にみて積極的に流したほうがよいと思われるものについては、
自己責任での判断をお願いします。その場合にも、出典などの明記をお
願いします。

以上、お願いまで。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Thu, 30 Oct 2003 18:34:48 +0900
From: Izumi Aizu
Subject: [iznews 00429] チュニジアから ワーム感染の報告

月曜にここチュニス(性格にいうと、チュニスの町そのものではなく、郊外の地中海
沿いのリゾート地、ガマルタというところです。チュニスの空港から車で20分、フェニ
キア人とローマ人の遺跡のあるカルタゴは隣の町です。

実は、月曜あたりから、またラップトップの調子が悪くなり、苦戦していました。
まず、モデムにつながらなくなり、そのうちメールソフト(ユードラ)でウィンドウ が開け
なくなったり、コピー・ペーストのコピーだけできなくなりました。やがてパワーポイン
トなどマイクロソフトのソフトが開けなくなったり、何をやっても極度に動作が遅く なり、、、

どうやらワーム/ウィルス感染らしいとわかってからも、対策・駆除にはけっこう苦労
しました。ノートンのオンラインスキャンをかけようとすると、エクスプローラーの
Active-Xが無効になっているからスキャンができないとか、製品をダウンロードして
インストールすると、途中で止まってしまうとか、、、、 一時は何をやっても手詰まり
状態でした。

ようやく、ICANN会議に来ている人のアドバイスをもらって、まず、ウィンドウズ
OS(WIN2000)の「更新」をして、最新バージョンにして、それからトレンドマイクロ
のオンラインスキャンをして、、、ワームやウィルス5個の感染していることがわかり、
駆除をして、いまやっと、ほぼ正常状態に近づいたところです。

こうなった原因は、、、前にここにご報告した、スイスで故障したThinkPadを修理
に出して、戻ってきたので、先週土曜に中国から帰って日曜にここチュニジアに
向けて出発する間の半日ほどで、必要なプログラムとデータをインストールした
ときに、、、OSの更新をしなかったことと、ウィルス対策ソフトをインストールし
なかったことにあります。前者については、ぜんぜん気が付いていませんでした。
サービスから戻ってきたマシンは、一年半前に買ったときの状態に戻っていた
ようで、その後のOSソフトのアップデートはユーザーの責任というわけです。

せめて、一言、送られてきたマシンに添えて、そういう注意書きがあればずいぶ
ん違うと思いました。このあたりが、供給側と利用側、あるいは技術専門家、
メーカーと、一般ユーザーの意識のギャップだと思います。幸い、保障期間を
2年間延長する有償サービスに加入していたので、

で、MSBlaster という有名なワームに感染したようですが、幸い、ファイルなどの破
壊はなかったようです。ワームは、メールでの感染はないし、いまはすべて駆除
できたはずですので、皆さんにこれを送っても大丈夫と思います。

というわけで、この数日、仕事の能率は著しく落ちました。ホテルの部屋からダイヤル
アップでネットが使えないだけでも、けっこう痛手でしたが、それに加えて、一時は
パソコンではほぼ何もできない状態で、、、困りました。

幸い、ICANNの会議の会場は、無線LANで高速ネットが使えたので、ネットにアク
セスしてダウンロードしたり診断をするのは楽でしたが、もしそうでなかったら、、と
思うと冷や汗でした。

ここを見ている皆さんは、私がしょっちゅうマシントラブルに遭っていると思われると
思います。実際そうです。旅烏をしながらマシンが動かないのはつらいですし、仕
事の能率も下がります。また、旅から旅の間が極端に短いのは、今回のようなトラブ
ルの一因ですし、また対策も困ってしまいます。さすがにバックアップマシンをもっ
ていこうとは(まだ)思いませんし、、、ポケットハードディスクは必要かなと思い ますが。

というわけで、しばらく静かにしていたことの言い訳と報告でした。

マシンは異常でしたが、私自身は多少の疲れはありますが、まあまあ元気です。
やれやれ、というのが正直な感想ですが。

土曜にこちらを出て、日曜に帰国します。

会津 泉

iznewsのtopへ戻る

 



logo-s2.gif (株)アジアネットワーク研究所
〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1-28-15
TEL: 03-3725-3801  FAX: 03-3725-4960
E-mail :

Copyright(C) 2000-2004 (株)アジアネットワーク研究所