iznewsハイライト August 2003

Date: Wed, 06 Aug 2003 02:15:18 +0900
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews 00346] 失礼しました、、、

いきなり英文の長文のメッセージを送って、失礼しました。
実は、英文のほうのリストがあって、そこに流そうと思ったものを
間違えてこちらに送ってしまいました。私のミスです。

内容的には、12月のWSISのサイドイベント、開発のためのICT
という企画の展示出展の募集です。途上国向けので、、、。

ついでにといってはなんですが、今日から北京に来てます。
SARSの痕跡もあまり感じられず。。。。 中国の国家経済情報
システムというプロジェクトの、事後評価というのが主な目的
です。日本のODAで実施されたので、それについてどう見るか
というなかなかの難題なのですが・・・。

明日から本格調査になります。北京もかなり暑いですね。
上海はもっとひどいようですが。38度とか、、、。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Thu, 07 Aug 2003 23:12:32 +0900
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews 00349] <スマートモバイル・ワークショップ2003> 8月27日

日にちがなくて、人が集まっていただけるかが心配です。周囲の方に
知らせていただいたり、メーリングリストなどの掲載など、ぜひお願い
します。内容は、ゼッタイ面白いものになります。

会津 泉
                    【転送歓迎・重複深謝】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 『スマートモブズ』日本語版出版記念
   スマートモバイル・ワークショップ2003
日 時■8月27日(水)13:00〜17:00
会 場■六本木ヒルズ オーディトリウム(森タワー49F)
料 金■無料  定員■150名(申込先着順)
主 催■国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
共 催■アジアネットワーク研究所
協 力■スタンフォード日本センター/六本木アカデミーヒルズ/ 
     日経デジタルコア/ハイパーネットワーク社会研究所
詳しくは、www.glocom.ac.jp/project/sms/index.htm へ。

★講 演
□ハワード・ラインゴールド(作家・米国)
□アンソニー・タウンゼンド(ニューヨーク大学研究員/都市計画 NYCワイヤレス)
★パネリスト:
 國領二郎(慶應大学)、礒井純充(六本木アカデミーヒルズ)
 東浩紀(GLOCOM)公文俊平(GLOCOM)、丸田一(UFJ総合研究所/GLOCOM)、
 山田肇(東洋大学/GLOCOM)
★モデレーター:
 中村伊知哉(スタンフォード日本センター)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ケータイを活用する<モバイル族>に始まるネット社会の新しいグローバルな潮流を
鋭く分析した『スマートモブズ』(NTT出版)日本語版の出版を記念し、著者ハワー
ド・ラインゴールドを招き、第一線で活躍する各界の論客とともに、ワイヤレス/モ
バイルの普及によって社会が実際にどう変るのか、われわれの課題をなにかをともに
考えたいと思います。
入場は無料です。ぜひ、お越しください。
参加申し込み:
国際大学GLOCOM スマートモバイル・ワークショップ 
事務局:高橋まで 
e-mail: mayumi@glocom.ac.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Fri, 08 Aug 2003 04:25:38 +0900
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews 00350] 長春から

長春にきました。

大雨の影響とかで、北京から長春への夕方の便が大幅に遅れて、
いったんは、空港近くのホテルに送られて、食事をして、部屋で
待機をして、、なんと夜の11時15分にあらためて空港に向かって、
出発したのが0時20分、到着が2時前、ホテルにチェックインしたら
も3時でした。 夜中に飛ぶというのは、数多く旅行している僕でも
珍しいものでした。

でも、遅れても、飛ばすのです。タクシー、バンなどで足もなんとか
確保されていたようで。

というわけで、旧満州国の首都だったここ長春、周囲の様子も
よくわからずに、深夜というか、未明の到着でした。

では、また書きます。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Sat, 09 Aug 2003 23:58:39 +0900
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews 00351] 8 月の北京から、

昨日、今度は予定通りの便で、長春から北京に無事戻りました。

長春は、午前2時について、朝9時から調査を開始し、3時前に終わって
から、先方が用意してくれた車で市内を駆け足でまわってそのまま空港
へ向かったので、ゆっくり町の様子を見ることはできませんでした。

それでも、新京と呼ばれた、かつての旧満州国(中国では「偽満州国」と
呼ぶようです)の首都があったところで、当時の主要な建物がそのまま
残り、旧関東軍の司令部が、共産党委員会の建物になったほか、政府
の建物が大学の図書館などになっていて、丸ビルに似た建物があった
り、和中折衷の様式があったりで、不思議な雰囲気がありました。

いま、8月は中国では、対日戦争が勝利で終わった時期で、今夜も
中国のテレビでは、対日賠償問題の特集番組が、ずっと続いています。
国共内戦、朝鮮戦争、サンフランシスコ講和条約、日中国交正常化
といった歴史が取り上げられ、韓国の従軍慰安婦問題も詳しく出てきます。

前の世代がきちんと処理できないまま後ろの世代に渡されていくこ
とでは、歴史が歪んでいく元になっていくと思います。戦後50年以上
過ぎて、<当事者>がどんどん減っているいま、早く根本解決ができ
ないと、本当に困ると、あらためて思いました。

もっとも、今回の訪問では北京と長春で、それぞれ政府の人々と
主に会っていたのですが、こうした過去の話はまったく持ち出されま
せんでした。それが当たり前なのかもしれませんが、、、

これはおそらく偶然でしょうが、7月始めから、このホテルでは、当局
のお達しにより、イタリア、フランス、日本のNHK(BS1、BS2、ハイビジョン)
スターワールド(香港)の衛星放送が中断しています。CNNやBBCは
見ることができますが。

来週、もう一仕事、主としてICANN関連のことで政府関係者と会って、
水曜に戻ります。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Wed, 13 Aug 2003 20:01:19 +0900
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews 00352] 満員 ?御礼 

東京に戻りました。北京のほうが暑いかな、、、

後半は、WSISとICANNの話、そしてモバイル事情などを調べてきました。

さて、8月27日のスマートモブズのワークショップは、申し込みが、一昨日
までが50名だったのが、昨日で100名、今日は150名と、早くも定員に達
してしまいました。会場の余裕がないので、このままだと大幅にお断りをし
なければならいことは必至で、うれしい悲鳴です。

一方、29-30日の大分の別府湾会議は、まだ余裕があります。
こちらには、ぜひぜひいらしてください。
www.anr.org/web/html/index.htm
に概要のリンクがあります。

よろしくお願いします。

皆さんはお盆休みの方が多いかな。私は、別府湾会議の準備で、
金土と大分に飛びます。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Wed, 20 Aug 2003 14:21:14 +0900
From: Izumi Aizu
Subject: [iznews 00371] 別府湾会議のご案内

停電の話、盛り上がっていますね。Y2Kのときのことも思い出します。
我が家も、非常食や水を考えないといけない、と思ってはいるのですが・・・

さておかげさまで、27日の東京でのスマートモバイル・ワークショップは、定員を
大幅に超える230名の申し込みをいただきました。最後のほうの方は、お断り
をしなければならないようなのです。

一方、大分での別府湾会議は、夏休みの最後というタイミングもあってか、
もう一息なのです(100名は超えましたが)。オプショナルツアーは人気な
のですが。。。

ということで、皆さんにぜひいらしていただきたく、繰り返しで恐縮ですが、あらためて
ご案内いたします。周囲の方で関心をもっていただけそうな方にも、ご案内していた
だけるとたいへん助かります。

詳しくは、ここをご覧ください。
http://www.hyper.or.jp/activity/bbc2003/
プログラム、などの詳細が掲載されています。
それでは、お待ちしています。

会津 泉
                          <転送歓迎・ 重複深謝>
-----------------------------------------------------------------
『ハイパーネットワーク2003別府湾会議』開催のご案内
-----------------------------------------------------------------
〜新しいコミュニティ・ネットワークの姿 50年後のネット社会とは?〜
-----------------------------------------------------------------
●日 時:2003年8月29日(金)13時 〜 30日(土)13時まで
●会 場:大分全日空ホテルオアシスタワー(29日、大分市高砂町)
     ソフトパーク・ソフィアホール(30日、大分市東春日町)
●定 員:300名(予定)
●参加費:1日目参加費  5,000円(資料代含む)
     2日目参加費  5,000円(資料代、昼食代含む)
     交流会費    5,000円
     夜なべ談義   2,000円 ※いずれも税込み、宿泊費は別途
----------------------------------------------------------------
●プログラム
□第1日(8月29日・金) 午後1時〜
☆セッション1 <グローバルな未来ビジョン>
  ・スマートモブズ Next Social Revolution
    ハワード・ラインゴールド
  ・コミュニティにワイヤレスを  NYの試み
    アンソニー・タウンゼンド
  ・韓国の電子自治体と電子民主主義
    高選圭
☆セッション2 <これからの10年、20年、、 50年、、、>
  ・コアラから見えてきたもの/ブロードバンドの展望/モバイル社
   会の展望/ネット社会の課題など
★交流会 <<未来ビジョンを語ろう!!>> ★
☆ セッション3 <スマートモバイル社会の展望>
  ・パネル討論:『ウェブ、ブログ、モブログ・・・』/日本を変えよう/
Moblog の世界/情報自由論
☆夜なべ談義 <居酒屋での楽しい徹底討論・交流の場です>
□第2日(8月30日・土) 午前8時45分〜
☆セッション4 <地域ネットの現実と展望>
  ・豊の国ハイパーネット現状報告/電子自治体の取組み/自前ネッ
   トの取組み/ネット技術からみた未来/オープンコラボと市民活動 ほか
-----------------------------------------------------------------
□オプショナル・ツアー(希望者のみ/参加費:1万円+宿泊費)
  30日午後発 津久見市のADSL事業計画を中心に、離島や関係施設
  の視察、津久見市の市民や行政関係者との交流会を予定。
  (宿泊は別府市鉄輪温泉を予定)
-----------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------
ハイパーネットワーク2003別府湾会議・参加申込書
-----------------------------------------------------------------
ハイパーネットワーク社会研究所宛
宛先e-mail: post@hyper.or.jp
◎下記項目をご記入のうえ、8月8日(金)までにお申し込み下さい。
◎お申し込み受付後、ご案内資料等をお送りいたします。
-----------------------------------------------------------------
申込日:   月   日
フリガナ:
氏 名 :
会社名 :
部署・役職 :
住 所 :(〒   -   )
TEL :
FAX :
e-mail :
-----------------------------------------------------------------
【1】申込項目及び参加費(消費税含)のご確認欄
  (該当する□を■に変更ください)
●参加費(資料代含)
 □両日参加する 10,000円
 □初日のみ参加する 5,000円
 □2日目のみ参加する 5,000円
●交流会(初日18:00〜19:30予定)
 □参加する  5,000円
 □参加しない
●夜なべ談義(初日22:30開始予定)
 □参加する  2,000円
 □参加しない
●無料専用送迎バスのご利用(定員数に限りがあります。あらかじめ利
 用登録が必要です)
 29日 11:20大分空港→ 12:20会場(全日空ホテル)
 (11:10着JAS333便の到着を待って出発)
 □利用する(軽食含) □利用しない
●オプショナル・ツアー(30日14:00〜21:00:夕食含、宿泊別)
 □参加する  10,000円
 □参加しない
 *宿泊および31日のご予定につきましては、別途手配を予定しております。
【2】お支払いについて
●請求書 □要 □不要  
●領収書 □要 □不要
・請求書、領収書の送付先住所(上記住所と異なる場合のみご記入ください)
(〒   -    )
・請求書宛名(必ずご記入ください)
・請求書の但し書き(必要な場合はご記入ください)
・その他(参加費、交流会費別で請求書、領収書を分けるご希望がある
     場合等はその旨を記入ください)
●下記口座までお振り込みください。
 (お振り込み期日:9月末日まで。振込手数料は、ご負担をお願いします。)
 大分銀行 勢家支店(店番号067) (普)5058405 
 財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 理事長 公文俊平【3】ご連絡欄
---------------------------------------------------------------------
●お問合せ:
〒870-0037 (財)ハイパーネットワーク社会研究所
大分県大分市春日町51-6
TEL:097-537-8180 FAX:097-537-8820
E-mail: post@hyper.or.jp     www.hyper.or.jp
---------------------------------------------------------------------

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Sat, 23 Aug 2003 01:42:08 +0900
From: Izumi Aizu
Subject: [iznews 00373] 満員で、、、

27日の、スマートモバイル・ワークショップは、お申し込みが定員をだいぶオーバーした
ので、後から申し込まれた方はお断りするしかないと思っていたのですが、幸い、森ビル
六本木ヒルズさまのご厚意で、隣接する部屋を用意して、そこに映像を流せることに
なりました。 なので、万一あふれても、映像では見ていただける、ということにな りました。

 それでもかまわないという方は、どうぞいらしてください。

大分の別府湾会議も、なんとか100名の大台は超えましたが、もう一息です。
ぜひぜひ、どうぞ・・・。
津久見へのオプショナルツアーは、超美味のホンマグロが、実はウリだそうです。
こちらは残席があまりないのですが・・・。

なお、今回は、ホームページもがんばって充実させています。メーリングリスト
も開始しました。

http://www.hyper.or.jp/activity/bbc2003/index.html
をご覧ください。

私は、明日から2泊で、釜山に飛びます。APNG、APスターという、アジアの
インターネット関係の会議があって、ICANNのAtLargeの相談や、WSIS関連
の報告をしてきます。月曜夜にはもどります。

では、行ってきます。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Sat, 23 Aug 2003 01:53:16 +0900
From: Izumi Aizu
Subject: [iznews 00374] 日経ネットにモブログについて出ました

城所さんは、IT時評ですが、私のほうは、今度はウィークエンド版の特集&ニュースに
<ネット放送、モブログ…進化する個人サイト ネットで「知」を共有>という記事 が出て、
そのなかに、取材を受けた談話形式でコメントがすこしだけ掲載されています。

よろしければ、
http://www.nikkei.co.jp/weekend/news/sp20030823.html
をご覧ください。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Wed, 27 Aug 2003 10:01:11 +0900
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews 00375] ラインゴールド来日

大分での別府湾会議に参加するため、ハワード・ラインゴールドが昨日
元気に来日しました。

ご案内したように、今日は午後1時から5時、六本木ヒルズで
GLOCOM主催で<スマートモバイル・ワークショップ>。

せっかくの「スマートモバイル」ですから、会議中もネットや携帯メールを
活用したいと思い、会場に無線LAN環境と簡単な掲示板を用意する予定
です。うまくいくかな。・・。モバイル族の皆さん、ぜひ無線LANとラップトップ
などを持ち込みください。

明後日から、いよいよ別府湾会議。今回は、ホームページも充実しています。
1990年の最初の「日出会議」と94年の「別府湾会議」のハイライト、ビデオ映像
を編集・掲載しました。以下から、ご覧になれます。みんな若いのです・・・。

http://www.hyper.or.jp/activity/bbc2003/

では、準備がありますので、このへんで・・・。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Thu, 28 Aug 2003 15:13:34 +0900
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews 00376] スマートモバイル・ワークショップ 盛況でした

昨日の午後、六本木ヒルズで開催されたスマートモバイル・ワークショップ
おかげさまで、満員御礼、溢れて隣の部屋に案内した人が20名ぐらい
いらしたそうです。

いろいろ不手際もあったのですが、全体としてはなかなか良い反応、評価を
いただいたかと思います。

参加者の方からは終了後に「面白かったよ」という声をいただきました。

で、日経新聞のウェブ、ITのところに、さっそくレポートが出ています。
ラインゴールドの講演だけですが。

明日はいよいよ大分、別府湾会議です。こちらも、やっと人数も集まって
きました。とくに交流会、オプションツアーはかなり満員で、一部お断りしなけ
れば収容できない状況との連絡がきています。うれしい悲鳴です。

本も、26日から書店に出ている(はず)です。オンラインの注文は、どうぞ
こちらに。
http://www.nttpub.co.jp/vbook/list/detail/0103.html
よろしくお願いします。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Fri, 29 Aug 2003 06:19:16 +0900 (JST)
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews 00379] 大分へ

これからラインゴールドたちをホテルで拾って羽田ー大分に向かいます モブログしてみました

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Fri, 29 Aug 2003 13:48:50 +0900
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews 00380] 大分より

さきほど、別府湾会議が始まりました。いまラインゴールドのスピーチです。
同時通訳を頼んだので、私は隣で聞いているだけ、です。

ところで、実験的に、ブログをつくってみました。
http://www.anr.org/jp/
をご覧ください。まだまだバグも多いのですが・・・。

別府湾会議のブログもつくりたかったのですが、間に合わなくて、参加している
人がボランタリーにつくってくださるようです。。。。もうすぐ立ち上がるかな・・・。

会議の模様は、ライブではないのですが、後ほどオンディマンドで映像・音声
で提供できる予定です。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Fri, 29 Aug 2003 15:19:29 +0900
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews 00381] 別府湾会議会場から

大分市で、別府湾会議の会場から書いています。iznewsではなく、直接ブログに書い てみます。
いまは公文先生が、50年先のネット社会を見通すお話をしています。

全体のプログラムと資料は、ハイパー研のウェブにあります。
まだ実験なのですが・・・・

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Fri, 29 Aug 2003 15:50:30 +0900
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews 00382] たびたび大分から

別府湾会議の速報は、以下のブログで見ることができます。
http://web11.sfc.keio.ac.jp/~ttr/mt/mirror/archives/000812.html
各セッションの報告内容が、上手にまとめられています。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Fri, 29 Aug 2003 21:36:23 +0900
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews 00383] Re: ラインゴールド来日

池田さん、いつもながらの鋭いコメント、ありがとうございます。

皆様、池田さんの指摘がそうかどうかを判断されるためにも、ぜひ訳本を
お読みください ;-) 読まないで批判するのは、ルール違反だから。。。

さて、前半のゲーム理論の位置付けについては、私はすこし池田さんとは
違った読み方をしていて、ラインゴールドは、もちろんゲーム理論を相当
引用していますが、かならずしもそれに全面的に依拠、依存しているよう
には見えません、実は、訳文では「誤訳」したところがあって、ラインゴールド
自身のゲーム理論解釈が違っているのでは、と思えるふしもかなりあります。

ただし、それとは別に、池田さんが後段で書かれている、「非参加」ないし
「消極的自由」ということは、少なくとも日本の状況のなかでは、十分検討
に値する考え方だと思います。

いまは、そのラインゴールドや、東浩紀氏などと一緒に、こうした問題を
みんなで議論する、別府湾会議の真っ最中なので、これ以上書くのは
遠慮しますが、、、というか、その余裕はないのですが。

会津 泉

At 22:36 03/08/28 +0900, IKEDA Nobuo wrote:
>ラインゴールドの来日に敬意を表して(実は書評の〆切に迫られて)訳本を読ん
>でみました。
>
>日本語でちゃんと読んでみると、ゲーム理論が重要な意味をもっていることに気
>づきました。要するに、囚人のジレンマを「評判」によって克服する、という話
>ですが、これは経済学業界では昔から知られている民間伝承(folk theorem)です。
>80年代にはアクセルロッドのシミュレーションが注目され、その後「複雑系」の
>話でよく使われました。私も、7年ぐらい前にこのネタでシミュレーションをやっ
>て論文を書いたことがあります。
>
>しかし学問的には、もうこの種の話は終わりです。現実には、大した役に立たな
>いからです。特に深刻な限界は、これが同一のメンバーの繰り返しゲームを前提
>にしていることで、メンバーが頻繁に変わったり、スパムのようにアイデンティ
>ティを隠せたりすると、機能しません。
>
>ラインゴールドが、日本の例をよく出すのも偶然ではないでしょう。日本は、評
>判の機能する「巨大なムラ社会」だからです。特に終身雇用によって社員の人生
>を「繰り返しゲーム」にする日本の会社は、きわめて強力な評判メカニズムです
>が、それはラインゴールドが思っているほど快適な社会ではありません。
>
>大規模な社会で秩序を維持するには、情報や評判だけではだめで、どこかでリア
>ルな暴力が必要になります。いま切迫した問題は、その暴力装置が巨大化し、コ
>ントロール不能になっていることでしょう。それに歯止めをかけるために必要な
>のは、ラインゴールドの奨励する「政治参加」ではなく、むしろ政治の役割を最
>小化する「消極的自由主義」だと思います。
>
>池田信夫

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Sun, 31 Aug 2003 20:58:54 +0900
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews 00385] ブログを始めました

ANRでも、ブログを始めてみました。
いままでの、iznewsのアーカイブや、原稿を、ブログの形式に流し込んでみた
ものです。 これから書くiznewsのメッセージなども、随時入れていくつもりです。

まだ<実験>なので、しばらくはこれまでのウェブと並行していくつもりです。
見通しがつけば、切り替えようと思っていますが。

<コメント>がつけられますので、よろしければ、どうぞ。

会津 泉

 

 

iznewsのtopへ戻る

 



logo-s2.gif (株)アジアネットワーク研究所
〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1-28-15
TEL: 03-3725-3801  FAX: 03-3725-4960
E-mail :

Copyright(C) 2000-2004 (株)アジアネットワーク研究所