iznewsハイライト July 2002

Date: Mon, 1 Jul 2002 02:29:48 +0900 (JST)
From: Izumi AIZU <izumi@anr.org>
Subject: [iznews] 7月2日,3日(2日間) 「日韓IT企業のビジネスマッチング」

韓国IT企業との「お見合い」の機会です。
案内、転送します。よろしければ、どうぞ。

会津 泉Date: Fri, 28 Jun 2002 11:22:22 JST
From: e-Corp/Neocast<jsyeum@e-corporation.co.jp>
To: izumi@anr.org
Subject: 廉宗淳でございますいつもお世話になっております。

e-Corporation.JPの廉宗淳でございます。
最近、日本と韓国の世界胚(中国式の表現)の共同開催で日韓の関係がもっとも親近に
なっているようで嬉しい限りです。今後とも皆様のご協力と声援をお願い申し上げます

さて、今回、韓国の情報通信部の傘下機関であるKIPAと弊社が提携をすることに成り
ましたこと報告させていただきます。弊社の日韓の橋渡し事業が韓国政府からも認め
ていただきましたことも嬉しい限りです。このすべてが皆様の応援の力で出来ましたこと
を改めて感謝します

このような関係で、今回、このような行事の開催を是非、皆様にご紹介し参加をお願
い申し上げたいと思います。急なことで大変恐縮ですが参加される企業の情報などと
行事の詳しい案内を見てくださいますようお願い申し上げます

廉宗淳


韓国情報通信部傘下の韓国ソフトウェア振興院(KIPA)は、海外進出を望む韓国ITベ
ンチャー企業のゲートウェーの窓口として、2001年7月16日、新霞ヶ関ビルに
「アイパーク東京IT支援 センター」をオープンしてから1年が過ぎて行こうとしております。
日韓IT企業の海外協力支援事業の一環として、IT市場の拡大と日韓IT企業間の戦略的な
パートナーシップを目的とする「日韓IT企業のビジネスマッチング」を下記の通りに
開催致しますので、ご案内申し上げます。

尚、マッチングの準備および会場において、KIPA(http://www.kipa.or.kr),
iPARK Tokyo (http://www.iparktokyo.com)の職員が、皆様の商談を円滑に進める
ためのサポートを行います。

この機会に是非ご参加いただきますようご案内申し上げます。


iPARK Tokyo Japan-Korea Business Match-Making
市場拡大を目指す日韓IT企業間のパートナーシップ−
日韓IT企業のビジネスマッチメーキング開催のご案内

日 時: 平成14年7月2日,3日(2日間)
ビジネス商談会09:30〜18:00(通訳付、場所:下記の会場を参照)
参加各社の自社紹介およびメインビジネスの紹介
(韓国各社のプレゼンテーション、場所:下記の会場を参照)
主 催: 韓国ソフトウェア振興院 iPark東京IT支援センター
会 場: ミプロ国際展示場(ワールドインポートマート6F)
http://www.mipro.or.jp/map.html

商談会会場:国際展示場M-2
プレゼンテーション会場:ミプロホールM-3
参加費用: 無 料

韓国参加企業: 19社予定(参加企業一覧表参照)

運 営: iPARK Tokyoセンター

担当:朴(ぱく) 賛祐(チャンウ) または 橋本(はしもと)博子

連絡先電子メール: infopark@iparktokyo.com
TEL:03-5501-2847  FAX:03-5501-2850

参加方法:参加ご希望の企業は、参加申込書の必要事項をご記入の上、
iPARK Tokyoセンター担当者まで(上記の連絡先)、
電子メール(本ファイルを添付)にてご返信くださるようお願い申し上げます。

参加申請の案内はhttp://www.iparktokyo.comにございます

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Mon, 1 Jul 2002 09:46:57 +0900 (JST)
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews] Re: Re:[iznews] ブカレストから その3

マイクロソフトが、<共通資源>の事実上の独占によって弊害を作り出して
いるのではないかというのは、とても気になっています。もしかしたら、
ICANN以上に重要ではないか、と。

ただ、ご指摘の件については直接はあまり聞いてません。
DOTフォースの議論の過程で、行動計画に「オープンソースを積極支援
する」という文言を入れようとしたら、米国の政府、ロシアの民間企業=MS
が強く反対したのが印象的でした。

会津 泉

At 18:46 02/06/30 +0900, aichika@itg.hitachi.co.jp wrote:
>会津さま
>ご無沙汰しております。日立の市川です。
>ご苦労様です。GBDeでもICANNの事は課題に挙がって居ます。
>所で、ICANNとは関係ありませんが、最近オープンソースソフトに関係し、
>欧州で(特にドイツで)マイクロソフトに対抗する為、リナックスなど
>オープンソースソフトを税など制度上優遇しようという動きがあると
>聞きました。日本でも一部の政治家にこの動きに理解を示す人も
>居る様ですが独禁法上の制約であからさまな優遇は日本では出来ないだろうとの
>事です。米国の影響を出きるだけ避けたいというのはどの国も本音かと
>思いますが、各国を廻っていてこの件について何か聞いておられますか。
>もし何かご存知ならお教えください。 >会津 泉
> >
> >追伸  池田さん、デジタル放送、本当に困ったものですね。
> > このままいくと、かつてのキャプテン、ハイビジョン、B-ISDNなどの
> > 轍を踏むのは必至なような気がします。費用からいえばもっと膨大な
> > 無駄が。。。国と自治体の膨大な財政赤字、道路も空港もまだまだ
> > 赤字が続く、保険も年金も国有林も、、、そこに郵便も放送も、、となると
> > 日本に住んで払う税金その他のコストは巨大なブラックホール入りですね。
> > チャウシェスク宮殿は、たしか7年間ほどGNPの5%前後を費やし、13年
> > たった今も、あと20年は負債を払わなければならないそうです。宮殿は
> > 目に見えるし、上院下院、政府、会議場と、一応使い道はあるのですが、
> > そうでないところに消えていくお金、どうするのでしょう。。。。
> > ルーマニアの通貨、過去10年で対ドルで30分の1ぐらいに下落したようです。
> > 平均給与が150ドルとか・・・。
> >

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Mon, 1 Jul 2002 09:46:58 +0900 (JST)
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews] ジュネーブへ

土曜日の午後、成田に着いて、いま、月曜の朝9時前に、また成田に来ました。
トンボ帰りです。

その間に、W杯の3位決定戦と決勝がありました。やっぱりブラジルでしたね。
2-1と予想してたのですが、2-0だったとは。

で、またジュネーブです。今度は、来年12月と2005年に開催される、
「世界情報社会サミット」の準備会合です。NPO/NGOとして参加し、
これからどういう組み立てができるかを検討する、というのが目的です。

情報社会をテーマに、日本とアジアの独自性を考えていきたいと
思っています。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Mon, 1 Jul 2002 14:31:48 +0900 (JST)
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews] 出戻りです

さあ出発と思っていたのですが、エンジン故障で修理、修理不能で機体交換という
ことで、午前10時半発の予定が、午後5時予定ということで、また空港ラウンジに戻
ってきました。

やれやれです。

まあ、出張が多いので、ごく稀にこういう経験はするのですが、、、。機体または
エンジン交換というのは、たしかこの10年ぐらいで5回目です。最近では、96年、
ニューヨークから東京に帰るのに、給油>修理>交換と三転して、アンカレッジ
に「不時着」し、一泊して、帰りがほぼ丸一日遅れたことがありました。

 あのときは、実は、埼玉でのシンポジウムへのパネル出演を約束していて、
それが普通のシンポジウムならともかく、NHKの土曜フォーラム収録予定だった
ので、ちょっと綱渡りでした。
 その前年に、台風でアメリカから帰れなくなって、結局シンポジウムを2つほど
キャンセルしたことがあったので、このシンポジウムの担当のディレクターには
「万一でも大丈夫なように、一日余裕をもって帰るから」、と言っていたのですが
そしたらその通りになって、成田到着後タクシーを飛ばして、開演5分後に滑り
こみ(一応セーフ)となったのでした。オープニング画像には、私の席だけ空席
になっていて・・・。

こういうときに、航空会社の「危機対応」って、いろいろ<文化>が現れるようで
すね。お客の方も含めて。よほどのことがないと、お客のフラストレーションを
うまく受け止められないですね。プロだし、慣れているはずだから、もうすこし方法が
あるのに、といつも思います。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Sat, 6 Jul 2002 00:34:03 +0900 (JST)
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews] ブカレスト ICANN会議のアルバムです

6月のICANNブカレスト会議の写真を、アルバムにしたので、興味があればご覧ください。

これはOFOTOというサービスで、最初にごく簡単なユーザー登録(メールアドレスと
任意のパスワード)が必要です。

アルバムが表示されたら、スライドショー Slide Show  のリンクを押していただけると
順番に見ることができます。

1)ブカレストの市内=チャウシェスクの「宮殿」、教会、街の模様などです
 www.ofoto.com/I.jsp?m=41505677403&n=659932765

2)ICANN会議の模様とその参加者たち
 www.ofoto.com/I.jsp?m=50505677403&n=1704941426

ついでに、このサービスには専用ソフトがあってとてもよくできています。
 www.ofoto.com/
から右下のアイコンFree Soft を押すと、ダウンロードできます。

自分の好きな写真を並べたアルバムの作成/アップロードなどがごく簡単にできます。
なお、全部無料です。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Sat, 13 Jul 2002 23:57:44 +0900 (JST)
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews] パイプオルガンのミニコンサート@IETF <無料!!>

ご無沙汰?しました。火曜の夕方、パリから戻ったのですが、いつもより
時差ボケがひどくて、昼夜が半分逆転して、まだ頭がボーっとしてます。

ところで、インターネットの技術標準を検討、決定する国際組織、IETF
(Internet Engineering Task Force)の第54回会合が、明日、14日から
19日まで、日本ではじめて、横浜で開催されます。

会議の内容の大半は超?技術的なものなので、私にはよくわからない
のですが、その付属プログラムとして、月曜の夕方、パイプオルガンの
無料コンサートが開かれます。

インターネットのパイオニアの一人で、米国の友人、Ole Jacobsenさんが
主宰するもので、ぜひみんなに来てほしいと彼からメールが入りました。

会場は、みなとみらいホール、午後6時開演です。無料です。
詳しくは、以下をごらんください。
www.organdemo.info

Jacobsen氏による紹介の後、以下が演奏されます。

II
Dietrich Buxtehude (1637?1707): Praeludium in E BuxWV 141
Miki Asai, Organist

III
Claude-Benigne Balbastre (1727?1799): Noel Suisse “Il est un petit l'ange”
Kumi Shibusawa, Organist

IV
Louis Vierne (1870?1937): Toccata from the Second Suite
Kaori Hongo, Organist

お時間のある方、ぜひご参加ください。知人、ご家族なども関心があれば、
どうぞお誘いを。 このメールの転載も歓迎します。 会場は2000人入れる
大きさだというので。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Wed, 17 Jul 2002 00:11:17 +0900 (JST)
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews] ハイライトなど

え〜、、まったく暑いですねえ。
ANRのホームページに、iznewsに私が書いた6月分のハイライトを掲載しました。
このメンバーの皆様は、もうご覧になっている(はず)ではありますが。

インターネットマガジンの連載なども掲載してありますので、よろしければ
ご覧ください。

www.anr.org  です。

いま横浜でIETFが開催されているのです。明朝7時半から会議があるので、
インターネットの<当日予約>で、通常3万5千円の部屋を7時頃にアクセスして
1万2千円でゲットできたので、移動してきました。明日成田に直行して、ソウルに
移動します。相変わらずの、遊牧民族をしています、はい。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Wed, 17 Jul 2002 10:20:00 +0900 (JST)
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews] from Narita Express

横浜での会議は、APRICOTという、95年から開いているアジアの
インターネット関連団体全体によるイベントの今後をどうするかという
議論でした。10数名、日本からは高橋徹さんと私、韓国のキルナム・
チョン先生、KRNICのBKキム氏、台湾のTWNIC、オーストラリア
からAPNICのポール・ウィルソンたち、それに米国からもシスコの
オリ・ジェイコブセン、USCのビル・マニングなどが集まりました。
香港のピンダー・ウォン(前APIA会長、、ICANN副会長)も、
電話会議で参加。 大勢のボランタリーな努力で開かれてきた
毎年の会議を、なんとかより安定した体制にできないかというのが
テーマでした。こうやって、アジアでの協力活動を地道に続ける
ことは、インターネットの発展にとっても大切なことだとあらためて
感じました。

さて、1時の飛行機に乗るために、成田エクスプレスに横浜から
乗りました。いまその車内です。W杯にあわせて、車内で無線
LANを使える実験が始まり、7月一杯使えます。利用は無料。
ただし、、、グリーン車に限定です。車内に用意されたパンフレット
に書かれているように、「SSID」に「NEX」と入れると、あら不思議
簡単にインターネットにつながります。快適です。

でも、さっきメールを送ろうとしたら駄目なので、変だなと思ったら、東京駅
を過ぎて、地下のトンネルの中だったのでした。これは駄目なようです。

ご興味ある方は、ホームページ、www.nex.v6pc.jp/ をご覧ください。
これは車内用ですが、どこからでも見えるはずです。

あら、いま試したら、HTTPエラーになってしまいました。うまく行きません・・・。

電源がないのがちょっと困るのですが。アメリカの倒産寸前の
アムトラックなどでは、各座席に電源が付いている車両もけっこう
あるようです。

飛行機の機内でも、ネットができるようになるのは間もなくですね。

それが幸せなのか、かえってマイナスなのかは、議論が分かれる
ようですが。ま、携帯電話よりは静かで他人の迷惑にはならない
と思いますが。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Wed, 17 Jul 2002 23:46:17 +0900 (JST)
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews] from Seoul

またまた、ソウルに来ました。

いま、食事を終えて戻ってきたところです。

で、パソコを壁の電源コンセントにつないで充電しようとしてよく見たら、
ヨコにイーサネットのケーブルがあったので、ためしにつないでみたら、
インターネットに接続できました。ただし、一日1600円ほどもかかりますが。
そういうことを何も調べないで、適当に予約したホテルだったので、けっこう
うれしい思いです。

成田エクスプレスといい、次第にネット環境が身近になってきますね。

会津 泉      

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Fri, 26 Jul 2002 13:24:43 +0900 (JST)
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews] オープンコラボ、そしてANRのホームページの紹介

日本に帰ってくると、、ここへの発信ペースが落ちます。
なぜか、バタバタ忙しくなるのです。雑事が増える、というか、余裕がなくな
るというか。 自宅に帰ると、つい寝転んでテレビのニュースを見たりするし。

ともあれ、韓国のW杯の熱気の余韻はなかなかのものでした。日本は、物
理的な暑さでは負けていませんね。。。しかし、暑い。

週末は、風邪というか疲れで、ほとんど寝ていました。どうやら疲れもとれました。

23−24日は大分のハイパー研に行ってきました。「開かれた研究所」をめざす、
<オープンコラボ>というプロジェクトを始めていて、その委員会開催が主たる
目的でした。ハイパー研ももうじき創立10年になるんです。あまりお伝えしてい
ませんでしたが、この4月から、所長が公文先生から大分大学の宇津宮先生に
交代され、だいぶ体制も変わりました。

ホームページも一新した、のですがまだ内容はガラガラです。

ホームページといえば、わがARNのホームページが、「人々の網の目」という
ウェブサイトに紹介されました。

岡本真さんという、電子メディアの学術利用をテーマにしたACADEMIC
RESOURCE GUIDE<http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/>
というオンラインジャーナルを編集・発行している方が、このジャーナルと
連動する形で、インターネットにおける個人の学術的な発信を紹介し、
評価(レビュー)する企画「人々の網の目」を公開しているのです。
あいうえお順のようで、まだあ行の研究者ですが。

で、私の分は、以下にあります。
<http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/wop/aa/aidu_izumi.html>
よろしければ、ご覧ください。

ANRのホームページも、もっと充実したいと思っていますが、なかなか
手がまわらなくて、、、。実作業は、高橋留里子さんにお願いしていますが。
でも、こうやって見てくださっている人がいるとわかると、頑張ろうという気が
してきます。たしか、ヤフーにも入れてもらえたようです。

ということで、週末は暑さしのぎに信州に逃げようと思っています。

皆様も、どうぞ暑さに疲れ過ぎないように・・・。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Tue, 30 Jul 2002 13:17:09 +0900 (JST)
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews] 電子政府化で、日本は世界ランク何位?

最近、大分のハイパー研で、地域の電子政府関連の議論をいろいろ
しているのですが、住基ネットだけでなく、日本の電子政府推進には
いろいろ問題山積のようですね。

韓国は、ソウル市のシステムを全国で採用した推進しているようです。
OECDのレポートにケーススタディがありました。

ところで、電子政府化で、日本は世界ランク何位だと思います?

ウェブで検索したところ、2つほどソースがありました。
米国の行政学会が国連と共同で調査したものと、アクセンチュアのものと。

前者が、140余国中で27位 後者が23か国中で17位でした。

こちらでは、クエイトとマルタの間です。
http://www.unpan.org/e-government/Benchmarking%20E-gov%202001.pdf

こちらは、ベルギーとポルトガルの間です。
http://japan.internet.com/public/news/20020425/17.html

ただし、アクセンチュアの調査には、たとえば韓国は入っていません。

推進派からすると、日本の状況は問題あり、でしょうし、
慎重派にとっては、すこし安心できる、のでしょうか・・・。

皆さんはどちらでしょうか?

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Tue, 30 Jul 2002 23:05:41 +0900 (JST)
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews] 大分、福岡へ

明日は、大分で、「ハイパーフォーラム」という会合があって、
GLOCOMの丸田さんが発表するので、そこに参加します。

来週は、6日に福岡で、アジアのITについての調査委員会があり、
そこに参加します。

ということで、先週から3週連続で、九州出張になります。
そこで、、、。6日の夜、このリストのメンバーで、博多でご一緒できる
方、募集します。

夕方、ビールでオフライン納涼大会かな? 

前にそんな企画があって、結局できなかったような記憶もあり、ぜひ今
度こそ。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Wed, 31 Jul 2002 07:33:04 +0900 (JST)
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews] Re: Re: 電子政府化で、日本は世界ランク何位?

At 15:40 02/07/30 +0900, IKEDA Nobuo wrote:
>こういう統計にどういう意味があるのでしょうか。
>
>「電子政府」というのは手段であって、問題は行政サービスの中身です。いくら
>全国にネットワークが行き渡っても、それでできるサービスが住民票をよその市
>町村から取れる(私の場合そんな必要は一生に一度もない)というだけでは何の
>意味もないでしょう。

そうですね、池田さん、正論だと思います。 世界ランクだけ注目するのは、
皮相な見方で、よくなかったかなと反省もしています。

>それなのに政府は「2003年までに電子政府」とかいう無意味な号令をかけて無理
>やり行政情報化を進め、それに対してメディアはプライバシーがどうとかいう枝
>葉の問題ばかり騒ぐので、肝心の電子政府の中身はまったく議論されない。大分
>など地方へ行けば行くほど、こういう「箱物先行」の傾向が強い。引いてから使
>い方を考えるようなネットワークなんて引くべきではありません。
>
>電子政府の普及率なんて下らないものを競うよりも、ネットワーク化によって非
>効率で貧しい行政サービスをどう改善し、公務員を何人減らし、納税者番号で税
>収をいくら増やす、といった費用対効果の評価が先です。費用に見合わない「電
>子化のための電子化」はやめるべきです。

韓国の自治体の電子化は、ずいぶん様相が違うようです。まさに効果を
あげることに真剣に取り組んでいるようにみえます。

といっても間接的な資料だけ見ているので、まだ市民や自治体の担当者の声を
直接確認したわけではないのですが。

 すべての自治体(200強ですが)にCIOが置かれ、体制も整備されているようです。
各省にもCIOがいます。もちろん、納税もネットとクレジットカードで透明性を高めて
いるようです。
「民願」といって、市民の出願、請求などの効率化、公開化も着々
と進んでいるようです。

住基ネット議論でも、納税やCIOについてはあまり話題になっていない
ようですが、本当はここがポイントのように思えます。

なお、自治体国際化協会のソウル事務所が、日本語で報告書を出しています。

ランキングも、こうした内実を含めた評価になっているようなのですが。
(まだ全部ちゃんと読んでいないので、、いい加減なことはいえないかな)。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Date: Wed, 31 Jul 2002 13:06:28 +0900 (JST)
From: Izumi AIZU
Subject: [iznews] Re: Re: 電子政府化で、日本は世界ランク何位?

自治体国際化協会の、韓国レポートについて、お問い合わせがあったので、ご紹介し
ます。

タイトルは「韓国自治体のIT施策」というレポートで、以下から無料でダウンロード
できます。

http://www.clair.nippon-net.ne.jp/HTML_J/FORUM/C_REPORT/CRNUM.HTM

他にも面白そうなレポートがあるようです。この手のレポート、案外死蔵されることが
多いのですが、ぜひ活用されるといいですね。

なお、別に、OECDでも、参考になるレポートが出ています。

Citizens as Partners
OECD Handbook on Information, Consultation and Public Participation
in Policy Making

Citizens as Partners
Information, Consultation and Public Participation
in Policy Making

この2冊は、いわばペアで出されたもので、前者がOECD加盟国が
政策決定過程に市民参加をどう実現しているかの事例報告、後者は
実務担当者向けの「ハウツー」的なハンドブックです。
事例は、国単位で集めていますが、考え方は、国だけでなく、地方政府、
公的機関にも適用されるものとして書かれています。
このなかにも、韓国ソウル市のOPENという自治体ネットの事例報告が
出ていて、そこにCIOを置いたといった記述があったのです。

こちらも、ネットでも、手に入ります。
http://oecdpublications.gfi-nb.com/cgi-bin/oecdbookshop.storefront/
から、タイトルをサーチで入れるとでてきます。PDFなら無料のようです。
私は実物を買ってきましたが。

本当は、この2冊、どこかで翻訳してもらえないかと思ってますが。

会津 泉

iznewsのtopへ戻る

 



logo-s2.gif (株)アジアネットワーク研究所
〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1-28-15
TEL: 03-3725-3801  FAX: 03-3725-4960
E-mail :

Copyright(C) 2000-2004 (株)アジアネットワーク研究所