iznewsハイライト January 2001

From: Izumi AIZU
To: iznews@anr.org
Date: Fri, 26 Jan 2001 21:42:38 +0900 (JST)
Subject: [iznews] from Atlanta

しばらくご無沙汰してました。昨日、アトランタに着きました。

12月はじめにマレーシアに行ってから一ヶ月以上、日本に
いたことになります。これは、最近では珍しいことで、時差の
ない状態って、とても楽だなあと思ってました。

今回の主な目的は、今年6月にストックホルムで開かれる、
INET2001という、インターネットの世界大会のプログラム
委員会の会議のためです。集まるのはたった4人ですが。
 それで、せっかくなので、地元のジョージア工科大学で、
今日の午後、インターネット・ガバナンスをテーマにした
パネル討論が行われます。

アトランタといえば、『風とともに去りぬ』の舞台で原作が
書かれたところであり、コカコーラとCNNの本社があって、
マーティン・ルーサー・キング牧師が闘ったところで、最近
では96年のオリンピックの舞台でした。といっても、「観光」
をする時間は、ほとんどなさそうなのですが。

昨夜、すっかり眠りにおちていたら、なにか放送が聞こえる
のです。「全員、階段を使ってロビーに集合」と。停電で電気
はつきません。なんとか着替えて、時計をみたら10時半。

 とりあえず財布とパスポートだけもって、11階から歩いて
降りました。がやがやみんな集まってるのですが、別に緊張
もしてないし、何もお知らせもなく・・・。玄関のガードに聞いたら
近くのビルで停電が起きて、周囲も停電になって、火災警報
装置が作動したらしい、、、と。5分ほどしたら、部屋に帰って
いいということで、11階まで歩いて登って、お開きになりました。

何もなかったから良かったのですが、もし本当の火災だったら、
と思うと、最低寝る前に、必要なものだけは手元に置いておく
べきかな、などと思いました。ホテルには、まあ、数え切れない
ほど泊まっていますが、空振りとはいえ、こういう経験は初めて
でした。

というわけで、ご用心という話でした。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
From: Izumi AIZU
To: iznews@anr.org
Date: Sun, 14 Jan 2001 15:30:37 +0900 (JST)
Subject: [iznews] Re: アメリカハイテク福祉機器最前線 NHK番組のご紹介

倉本さん、

復帰、というのはまだでしょうが、でも事故当初の状況から比べると、
たいへんな回復ですね。

倉本さんとは、もうかれこれ20年近いお付き合いなので、このリスト
のメンバーでも、最長の一人、です。仕事でも一時は散々一緒に
した気がしますね。パソコンのマニュアルづくりの初期の頃でした。

しかし、人生って、何が起きるかわからないですね、ということを
今回の倉本さんの件で、あらためて実感しました。倉本さんは、
きっと持ち前の執念で(仕事ですごく感じたのですが)、リハビリに
頑張っていらっしゃる、その精神力が肉体にも通じているのだと
思います。

ビデオの方は土肥さんがフォローしてくださるようで、お願いします。

こちらは、HomeLAN Box が、すこしでもいろんな人の役に立つ、
実用的な方向へと発展する一助になればと思っています。
その件は、また。

昨日から、大磯で開かれた、量子情報科学の異分野フォーラムという
合宿に参加してきました。ビットではなく、キュービットという単位で
情報を処理、伝送するという、量子力学に基づいた新しい情報処理の
パラダイムです。 数式の出てくるところは、ほとんど理解できません
でしたが、なにやらいままでとは全然違うことができそうな、そうでない
ような。。。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
From: Izumi AIZU
To: iznews@anr.org
Date: Wed, 17 Jan 2001 01:52:30 +0900 (JST)
Subject: [iznews] 日経デジタルコアで、「ネット時評」に投稿しました

iznewsのメンバーの皆様、、

日経新聞のウェブ、デジタルコアで、「ネット時評 〜 Digital Byline」というのが
あり、そこに記事を投稿しました。

http://it.nikkei.co.jp/it/njh/index.cfm

「21世紀ネット社会への展望
デジタルデバイドはどう解消できるのか」

という、ちょっとエラそうな題なのですが、新年向けの原稿というリクエスト
だったので。

よろしければ、覗いてみてください。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
From: Izumi AIZU
To: iznews@anr.org
Date: Sun, 7 Jan 2001 01:15:03 +0900 (JST)
Subject: [iznews] スミマセン

実は、今日は土曜日で、連載はお休みだったそうです。

月曜も休日なので、次回は火曜になるはずだそうです。
執筆された関口さんが、さきほど我が家でのパーティーにいらして
説明されたのです。

ただし、なにか大事件が吹っ飛ぶ可能性もないとはいえないようです。

ともあれ、失礼しました。

パーティーもたいへんな盛況でした。先ほど最後のお客様がお帰りに
なり、いま片付けもほぼ終わったところです。

こうして新しい一年、一世紀、一千年紀が始まります。

変わらぬおつきあい、よろしくお願いいたします。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
From: Izumi AIZU
To: iznews@anr.org
Date: Fri, 5 Jan 2001 22:14:33 +0900 (JST)
Subject: [iznews] 明日の日経夕刊に

偶然のタイミングなのですが、昨日から日経新聞の夕刊に、ここのメンバーでも
いらっしゃる関口さんが連載を始めた、「ネット革命の旗手たち」に、小生も出して
いただくことになるはずです。伊藤穣一氏との話で。

昨年の、「パソコン革命の旗手たち」も力作で、高く評価されただけに、今回も
期待されます。でも、長時間取材して、限られたスペースに無理やり面白く
書かなければいけない、新聞の紙面って、辛いものですね。

 そろそろ、本物の原稿はネットに掲載し、そのハイライトだけ紙面に、というのを
日本の新聞でもぜひトライしてもらいたいなあと思うのですが、関口さんをはじめ、
ここにいらっしゃる新聞・雑誌関係の方、ぜひご検討くださればと思います。

さて、明日のワイワインパーティーは、その後続々申し込みが増えて、約40名にな
りそうです。ドタキャンと飛び込みのプラスマイナスがあるのも例年通りでしょうか。

 今年は仕事でこられません、というメールも何人かの方から頂きました。残念です
が、次回にぜひどうぞ。それから、身代わり?に、ワインや美味しそうなおつまみを
送ってくださった方までいらして、有り難くもカタジケナイです。

 海外の方や、遠くの方など、もともと無理な方に、余計なメッセージが流れてあい
スミマセン。ほぼ年一回のことなので、どうかお許しを。それから、年賀メールをきっ
かけに、何人かの方をここにあたらしく登録させていただきました。
 皆さん、どうぞ暖かくウェルカムしてください。お互いの自己紹介なども、ぜひ。
 いま、約450名の方が登録されています。

というわけで、新年、楽しく始めましょう。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
From: Izumi AIZU
To: iznews@anr.org
Date: Thu, 4 Jan 2001 13:52:09 +0900 (JST)
Subject: [iznews] ☆ ☆ ワイワインパーティー

あけましておめでとうございます。
このiznewsとしては、新年はじめての投稿になります。

皆様には、個人メールの形で、年賀を差し上げました。
(もし届いていなければ、お知らせください)

3ヶ日、あっという間に過ぎてしまいましたね。

私はほぼどこにも出かけず、のんびり、というか、半分仕事、半分パソコン
の整備などしていました。そう、昨夜は、横浜まで出かけて、サッカーの日
韓対世界選抜オールスターの試合を見ました。まあまあの内容でしたが。

さて、年末にお知らせした、新年ワイワインパーティーですが、例年に比べ
ると申込みが少なめのようです。

今年は6日と早めにしたので、まだ帰省中の方も多いのかなと思っています。
ふだんあまりお付き合いのない方も、どうぞご遠慮なくいらしてください。
また友人・知人、家族・彼女・彼氏など、ご自由にお誘いください。

夕方6時半頃から始めるつもりです。

いらっしゃる方、できれば前日までに、メールで人数(ご氏名)をご連絡ください。
 (このメールの自動返信でも、私に届きます)
その後の飛び入りも歓迎しますが、準備の都合もあり。 

・場 所: 会津自宅 〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1-28-15

東急東横線 都立大学駅下車 徒歩約5分 急行は止まりませんのでご注意
        万一迷ったら、電話ください。 
        TEL 03-3717-2450 または 0725-3801

・ワインをはじめ、差し入れも歓迎します。

それでは、お待ちしています。

会津 泉

iznewsのtopへ戻る



logo-s2.gif (株)アジアネットワーク研究所
〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1-28-15
TEL: 03-3725-3801  FAX: 03-3725-4960
E-mail :

Copyright(C) 2000-2004 (株)アジアネットワーク研究所