from KL [iznewsハイライト]  August 1999



会津 泉

(アジアネットワーク研究所/クアラルンプール)



Date: 08.02 11:37 AM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1099] 新着2冊のご紹介

ここのリストのメンバーから、また本を贈っていただきましたのでご紹介します。

「ルネッサンスパブリッシャー宣言 21世紀出版はどうなるんだろう」
松本功 ひつじ書房 2200円

 <投げ銭システム>で話題になった、松本さんです。「本」にまつわる
神話を剥ぎ取り、出版・編集・知的作業について、とても考えさせられ
る、強いインパクトのある本です。 ホームページ www.hituzi.co.jp もぜひ。


「21世紀に展開するデジタルメディア」
金村公一 中央経済社 2900円

 ハイパーネットワーク社会研究所の設立、GLOCOMの第二期の 発展と、二度、一緒に仕事をしてきた、金村さんの、たしかこれが 単行本の処女作です。もらったばかりで、まだ読んでいないので、 たしかなことは言えませんが、金村さんらしい、データ重視型のレポ ートがまとめられているようです。最初の本を書いたときの苦労、本人 が一番強く感じ、それだけ喜びも一入だと思います。さっそくお祝いを しなくっちゃ。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 08.14 0:04 AM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1102] 夏の盛りですね

日本からは、連日甲子園のニュースが送られてくるので、真夏だと 感じます。マレーシアは、そうでもありません。最高気温で、せいぜい32 から33度程度、朝夕は20度台になります。いまなら、きっと日本よりすご しやすいでしょう。

さて、8月はじめに、マレーシアにほぼ二週間ぶりで戻り、しばらくじっと おとなしくしていました。
 さすがに出張が続いて、疲労もあったし、仕事も溜まっていたしで、あまり ここにも書かないで、静かにしていました。

 本当は、7月30日の、「ホワイトハウスY2Kラウンドテーブル」について きちんとご報告したかったのですが、会議そのものが「部外秘」扱いと なり、内容について勝手に公開できなくなったのでした。それで、つい ここにも書けなくて。

ただし、その一方で、参加者有志によって、一般向けのプレス発表の案文、 そして、業界向けのメッセージの草稿が用意され、ウェブとメーリングリスト で検討が続いていて、、、来週前半には、正式に記者発表されるはずです。

とくに「ニュース」になるとは思いませんが、インターネットもY2K問題につい ては他の分野と同様に、きちんと対策を立てることが重要だということが、 けっこう具体的に発表されるはずです。
 こちらからも、インターナショナルな分野での協力が重要で、アメリカはそ のなかでもリーダーシップを発揮すべき重要な責任があるということを繰り 返し申し上げてきました。100名ほどの会議で、アメリカ以外からは、われ われ、APIAの二人だけ、だったのです。結果的に。

また、来週は、19日に、日本インターネット協会により、日本でのインター ネットのY2Kタスクフォースが正式に立ち上がる運びです。

すこしづつですが、関係者、当事者の皆さんの努力がやっと形になってきました。


個人的には、2000年以前に、98年問題というか、98という数字がついたOSの おかげで、大変な時間の無駄を続けています。

これまで使っていた、去年夏に買ったばかりのパナソニックのレッツノ-トが OSの不調でとうとう使えなくなり、出張の途中だったので、どうしようもなく、 やむなく、ソニーのバイオを買い換えざるをえなくなったのです。
そのレッツノートは、もったいないので、かえってきてから再インストールを試み たのですが、用意しておいた「起動ディスク」が、ファイルが壊れていてアウト。 マレーシアではどうすることもできず、95を入れようとしたり、いろいろあがいて みているのですが、どうも駄目なようです。トホホです。

バイオも、メモリーが64メガでは不足なのか、1時間も使えば再起動しないと 画面表示が狂い、メールソフトがハングし、ウェブが使えなくなります。

なんとかだましだまし使っているというのが実態です。
キーボードは、50度くらいに熱くなるし、かといって、外付けキーボードも面倒だし ・・・。OFFICE2000を入れたのですが、これもWordの機嫌が悪く、あるメニュ ーを触ると、必ず、用もないはずのCD−ROMドライブを読みにいくとか、そのま まフリーズしたり。

 その他、不満を書くとキリがないのですが、大事な商売道具ですし、小さなマシ ンのおかげで、世界中どこでも仕事ができると思うと、あまり悪口を言うのもバチ があたるかなと、ついここまでは遠慮していました。でも、ちょっと我慢も限界です。  よく、みなさんは文句もいわずに使っていると、不思議でなりません・・・。
 きっと泣いている人は多いのに。

 で、木曜の会議のために、水曜夜中に、日本に行きます。そして土曜には、 今度は、ICANNの会議がなんとチリのサンチアゴで開かれるので、ロス経由 でサンチアゴまで、足掛け2日で参ります。南半球だから、冬のはずですね。  避暑、というには涼しすぎるかなと。

お盆休み、皆さんはどう過ごされています?

そう、ANRのホームページ、またすこしアップデートしましたので、ご覧ください。 ここのところ、アクセスは急上昇です。コアラにリンクしてもらったのがきいた ようです。

では、お後がよろしいようで・・・・。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 08.14 0:38 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1106] 安心して使えるパソコン?

ラップトップは、実はウィンドーズ95の方が98よりは安定しているというので、 95インストールマシンを探したのですが、もはや秋葉原にもほとんどなく、 わずかにあった、東芝ダイナブックも、問題ありと思えて、あきらめて、安い バイオにしたのです。

なんとかだましだまし使っている、というところです。メモリー関連のトラブル が多いようなので、増設すればマシになるかと思っていまうが、どうなのかな。

個人メールをいただいたのですが、やはり困っている方がいるようですね。

それと、東京の家族用のマックも、3年たって、8100なので、そろそろ限界に 来ているようで、iMACにしようかとも思っているのですが、これもいろいろ トラブルがあるようにも聞くし・・・。

マレーシアでiMACを買うと2万円くらい安いので、それに日本語OSをインスト ールしようかと考えているのですが、これもトラブルがあるとも聞いています。 どなたか、アドバイスがあれば、教えてください。

それにしても、これだけパソコンをみんなが使っているということは、それだけ トラブルも多いということなのでしょうか。

事情を知る人は、「98はやめたほうがいい」、「もう使わない」、といって、NTや LINUXを薦めるようです。

一般家庭用に、10万円前後で、本当にトラブルフリーで安心して使えるものっ てないのかなと思います。

私のように、自分は海外にいて、家族から、「メールが使えない」と言われてき ても、すぐには対応のしようがないと、なんとか、「メンテナンスフリー」なマシン がほしいのです。

機能は欲張らないので、メールとウェブとワープロができれば十分。せめて家電 の冷蔵庫や洗濯機のように。(それでも壊れるけど、頻度ははるかに低いでしょう)。

いろいろ考えさせられています。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 08.14 9:29 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1110] 公文GLOCOM所長 講演記録掲載しました

昨年12月に、公文先生をマレーシアにお招きして開催した講演会の 記録をまとめて、ANRのウェブに掲載しました。

IPネットの流れと、Y2K問題について、です。
タイミングとしては、すこし古いかもしれませんが、でもエッセンスは、 十分価値があると思います。

 「グローバル情報通信の最新事情と日本・アジアの課題」
 公文俊平国際大学GLOCOM所長講演記録 98年12月 KLにて

です。

よろしければ、ご覧ください。
http://www.anr.org/html/main.htm
から見ることができます。

会津 泉



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 08.17 8:45 AM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1115] 安心して使えるパソコン?

皆さんから、いろいろアドバイス、コメントをいただき、ありがとう ございました。バイオを買う前に、ここで相談していたら、きっと 違った結果になったかもしれませんね・・・。

東京の家族用のマシンですが、結局、「これ」というのはないですね。 ワープロもいいのですが、ウェブでいろいろ見るのには不便ですね。 とくに、新しいプラグインなどが出てきたときに対応できないでしょうし。

それと、いままでマックだったので、ソフトが継承できなくなるのは 致命的なのです。古いファイルが読めなくなるというのは・・・。 これも困ったものです。

ということで、たぶんエイヤっと、iMACをマレーシアで買って、持ち 込むというのが、現状の結論です。まだ迷っていますが、今日か 明日には、買わないと、間に合わないし・・・。

でも、繰り返しになりますが、安くて安心して使えるマシンって、 本当にないですね。膨大なマーケットがあると思うのですが。

ウィンドーズだと、結局だれか詳しい人がいて、トラブル処理をしない と使えないし、マックも大同小異ですね。そのための時間の無駄って 全部足すとものすごいものになる・・。かくして、雑誌や本が売れる・・ ・のでしょうし。でも、パソコンのトラブルについて、テレビや新聞でま ともに取り上げたのは見たことないし。メーカーの相談・苦情処理室は、 問い合わせその他がすごいのではと察するのですが。あるメーカーに メールを出したら、「夏休み」だと返事がきたし・・・。こっちは休みなし で仕事しているんだけど。。。

複雑な心境です。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 08.18 9:46 AM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1117] インターネット Y2K ホワイトハウスの発表文書

昨日、記者発表が行われた(はず)、公式文書が下記サイトに掲載されて います。

http://www.mids.org/y2k/

一般向けの 'Public Information' と、業界向けの 'Industry Information' があります。 丸2週間、案文づくりに、民間の人間も参加して、議論して きた結果、です。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 08.20 9:20 AM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1118] トルコの地震へのオンライン義捐金

トルコの地震への義捐金を、インターネットで送ることができます。
米国赤十字社のホームページです。

http://www.redcross.org/donate/donate-now.html

以下のメールで教えられました。

日本でも同様のサイトがあるかもしれませんが、 gooで検索して調べてみた限りでは、日本赤十字が、 一般の海外救援金を、郵便為替で受け付けている と出ているくらいで、インターネットの振込みはまだ ありませんでした。

ちなみに、トルコでは、過去95年間に、地震で6万人以上が 死亡しているようです。1939年には、32000人の死者を出した 地震があったということも、検索結果からわかりました。
会津 泉

My name is Zafer Eroglu. I am trying to get people to donate money for the earthquake victims in Turkey. I thought the best way that I can reach out to people for help is by using the Internet.
Please help this people by donating any sum of money that you can afford. We should not forget that disasters can happen any where in the world. Therefor e, all of us must help each other in times of need.

I am sure that you want to help but do not know how and where. It is easy, you can make an online donation by going to the American Red Cross Home Page at the following location:


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 08.20 9:38 AM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1119] インターネットY2K ホワイトハウス会議関連記事

主なところが、以下のように報道しています。楽観、悲観、両様です。

日本でも昨日、日本インターネット協会の呼びかけで、タスクフォース 設立の運びとなりました。

取材も入りはじめました。

会津 泉


Coverage of Tuesday's White House Press Briefing following up on the July 30 Internet Y2K Roundtable...

Net ready for Y2K, officials say
http://www.dallasnews.com/technology/0818tech1y2knet.htm

Y2K Effects Said Unlikely on Web
http://dailynews.yahoo.com/h/ap/19990816/tc/internet_y2k_2.html

U.S. officials expect Net to be Y2K ready
http://www.news.com/News/Item/0,4,0-40651,00.html

Internet is Y2K ready ... almost
http://www.zdnet.com/filters/printerfriendly/0,6061,2316360-2,00.html

Y2k Bug Unlikely To Topple Internet - U.S. Official
http://news.excite.com/news/r/990818/03/net-yk-internet

Y2K Bug Probably Won't Destroy Net
http://www.techweb.com/wire/story/reuters/REU19990817S0004

White House: Internet should be Y2K ready
http://www.computerworld.com/home/news.nsf/all/9908172net2yk1

Experts: Major Y2K Net failures unlikely
http://www.usatoday.com/life/cyber/tech/ctf860.htm

The Internet May Be the Biggest Question Mark of Them All
http://cnnfntech.newsreal.com/story/19990817/13/16/5427317_st.html

Experts say wide-scale problems over Y2K unlikely on Internet
http://www.star-telegram.com/news/doc/1047/1:COMP21A/1:COMP21A081799.html


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 08.22 5:15 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1120] メールが送信できない・・・

数日前から、今度は送信でのトラブルなのです。 いまはチリのサンチアゴからなのですが、なぜか anr宛なら通るのですが、それ以外だと駄目なの です。設定をいろいろ変えてみているのですが、 いまのところは、うまくいかないのです。困りました。

とりあえず、このリスト上の方で、私からの返事を 待っていらっしゃる方など、すみません、もうすこし 時間をください・・・。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 08.23 8:12 AM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1123] チリへの途中です

例によって、出張レポートです。

今回は、KLからいったん日本に寄り、インターネットのY2K問題で、日本 インターネット協会でタスクフォースを立ち上げるための会合に出ました。 19日、木曜です。けっこう忙しくて、メールを書く暇もあまりなく、動き回って いました。

もうすぐロサンジェルスに到着、高度をだいぶ下げています。ということは すぐにパソコンのスイッチを切らなくてはいけなくなりそうです。

5時間ほど待って、チリのサンチアゴ行きの飛行機に乗り換えです。
成田から9時間、次がたしか10時間のフライトです。ここまではマイレッジ を使ってビジネスクラスにアップグレードしたのでまだ楽でしたが、今度 はエコノミーなので、ちょっとキツイかな。またまた夜行便になって、朝の 6時にサンチアゴ到着の予定です。

日本では、成田に早朝に着いて、そのまま不調のレッツノートを修理に出 すために、秋葉原に。それから、先日やむなく買ったバイオのメモリー増 設を、そのそばの買った店で。ついでに、ハードディスクのバックアップソ フトが不調なので、そこのサポートセンターでみてもらったら、メーカーから アップデートソフトをダウンロードしてインストールする必要があるというこ とで、全部やってもらったのです。結局秋葉原で朝9時半から12時過ぎま でかかり、そのまま本郷のY2K会議に直行。

その後、取材が一件、それから来年3月にKLで開かれる「グローバル・ ノレッジ」という国際会議に、日本からの参加を組み立てるために、早稲田 大学アジア太平洋センターの岩村さん、来年開学の立命館アジア太平洋 大学の石井さん、そして、この間までマレーシアに留学していた、やはり 早稲田の大学院の鴨川さんと、食事しながらの相談会。

翌20日は、昼に、渋谷で、インターQのリチャード・リンゼーと食事。APIA への入会のお誘いなど。午後は通産省の安延電子政策課長にお会いし、 グローバル・ノレッジ会議について説明・協力のお願いをしました。インタ ーネット関連で、ICANNやY2Kについても話題になりました。
 それから郵政省、技術システム課とデータ課に、インターネットY2Kの ラウンドテーブルの報告など。さらに、国際担当審議官になられた品川さ んにもお目にかかり近況報告。その後、曙橋の日本インターネット協会 へ行き、Y2Kタスクフォースの今後の組み立てについて、高橋会長、岡田 副会長その他のメンバーと打合わせ。
 夕食は久しぶりに家族と自宅で。ワインを楽しみ。

と、まあ、こんな感じでした。

いまは、ペルーのリマからチリのサンチアゴに向かう、夜行便です。 ロスからリマまでが正味8時間かかりました。切符が、マレーシアでは 発券できないというので、ロスで買わなければならず、空港では相当 高いので、外の代理店を探したのですが、結局タクシー代だけ損しました。  で、乗ったら後ろに小さい子たちで、うるさくて、、、でもよく寝たのですが。 ブツブツ言ってたら、良いこともあるもので、リマでトランジットして、機内に 入ったら、「ビジネスクラスと席を交換してほしい」という、嘘のような話。 3人連れで、並んで座りたいから、ということのようですが・・・。で、めでたく いまはビジネスクラスで、すこし楽をしています。サンチアゴまでは3時間ほど のフライト。到着が現地時間で午前6時。

そうこうしているうちに、ホテルに到着しました。部屋からインターネットが無料 でアクセスできる、というのです。説明のパンフレットがちゃんと用意されて いて、あれこれ設定したのですが、、、なかなかつながりません。

やっと、別の、ローミングサービスで、つながりました。
ところがあて先が、anr.org 以外のところには、どうやっても送信できないまま です。自分のパソコン側の設定の問題なのか、ネットワーク側の問題なのか 試行錯誤しているのですが、まだ解決できていないのです。ちょっと困ってます。
とりあえず、ここまでのレポートとします。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 08.24 10:10 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1124] from Santiago

なんとか、メールは送れるようになりました。地元の電話会社の 無料アカウントが、東京のサーバーでの送信も可能な設定に なっているのに助けられて。

さて、なぜ地球の裏側まで来ているかということを説明してなかった ようですが、、ICANNという、インターネットのドメインネームなどの 管理団体の会議に参加しているから、です。

なにしろ、真にグローバルな組織にするため、ということで、年に 4回、異なる地域で会議を開くことになっているのです。5月が ベルリン、8月がサンチアゴ、11月がロサンジェルス、来年2月 か3月に、たぶんアフリカで、となるでしょう。私は、主に、この組織 を開かれた会員組織にするための議論に参加しています。Y2Kも 訴えてきました。

時差ボケ対策に、ロサンジェルスで買ったメラトウニンを初めて 使ってみました。ここチリにも来ている、富士通のワシントン事務所 所長の加藤さんが、「けっこう効きますよ」ということだったので。 たしかに、気のせいか、普段は朝早く、4時とか5時に目がさめて しまうのが、最低6時か7時まで、しっかり眠れるようです。

あと2日、木曜夕方まで、サンチアゴです。さすがにワインが美味 ですね。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 08.24 10:51 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1125] 今朝の読売新聞のインターネットY2 K記事です

www.icann.org)
 これは、Internet Corporation for Assinged Names and Numbers (ICANN) という国際非営利組織のなかの、ルートサーバーのAdvisory Committee がコーディネートして進めたもので、村井純さんが委員長として指揮し、報告 書は日本のルートサーバーの運用を担当している、WIDEの加藤さんが米国 のビル・マニングらと連名で作成したものです。

 さらに、このほどチリのサンチアゴで開かれたICANN会議のなかで、全世 界200箇所以上にある、各国・地域のトップレベルのDNSサーバーについて もY2K対策を推進するよう呼びかけることが確認されています。

 アジアでは、微力ながらAPIAとして、数カ国を回って、インターネットのY2K 対策の推進を訴えるキャンペーンを進める予定で準備にかかっています。

 また、11月はじめに、ロサンジェルスでICANNの年次会議が開催される のを利用して、あらためてY2K対策について「確認」の会議を行う可能性 もあります。

 世界中で何百万台ものコンピューターが同時接続されているインターネット の全体が、本当に隅々までY2K対応ができるとは、現実問題として思えませ ん。サーバーの基本ソフトなどの修正作業(パッチ)も、実際には「もぐらたた き」であったり「いたちごっこ」だという現場の声が聞こえてきます。それでも、 インターネットが完全に混乱して停止するような「メルトダウン」などの極端 な障害は、たぶん起きないと思います。

 ただし、それには、残された期間に関係者、とくに拠点を運用する人々が 最善の努力をすることが前提条件です。今年の前半までは、私はかなり 悲観的だったのですが、最近の状況で、ようやく、すこしは前向きに考えて もいいかなと思えるようになりました。
 まだ安心できるとまでは毛頭言えませんが、絶望する必要もないと思って います。できることをきちんと行う、あとは人事を尽くして天命を待つ、のだと 考えています。

 当事者の一人であるだけに、ここでは、やや「一般論」しか書けないところ もあるのですが、もし具体的なことでご質問があれば、メールをください。でき る範囲でお答えします。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 08.30 2:32 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1135] Re: Re: インターネットのY2 K問題について

At 23:24 1999/08/29 +0800, Bobby Ishimizu wrote:

石水さん、コメントありがとうございます。少しだけ、考えたことを書いてみます。

> > 先のインテルの例のように、米国では各分野のリーダー企業が、自社の利益
> 遺失を避けるという目的の為に、率先して自社の市場全体を対象としたY2Kへの
> 調査・対応を行っていると思います。これは公的役割というような事ではなく、
> 上場企業であるリーダー企業は、Y2K問題を積極的に取り上げて対応を行い、
> それを広く公開する事により株価の更なる上昇または高値維持につとめるという
> 「大きなご褒美/メリット」があるためだと思います。そういう意味では、
> 米国は民間まかせでも大丈夫なのでしょう。


Y2K問題は、ことインターネット業界に限っていえば、アメリカが進んでいて日本が 遅れているとは、必ずしも言えないと思っています。

正しくは、比較できるだけのデータが、どちらの国にも存在していない、と言うべ きかもしれません。少なくとも私の知る限りでは、両国政府の担当部署とも、イン ターネット業界のみを対象とした調査、アンケートなどを行ったことはありませんし、 業界としても、自主的に調査して、その結果を発表した、ということもありません。 その意味で、情報公開は、ほとんどなされていません。

米国なら民間まかせでも大丈夫だとは、私は思いません。むしろ、米国でも、イン ターネットのY2K問題についての協調的な取組みが不足していたと思います。
 ホワイトハウスのラウンドテーブルにしても、われわれが働きかけたからこそ、や っと実現したもので、それでも「詰め」の甘さを感じます。「PR」が終われば、彼らの 仕事は終わり、という感じです。

 でも、インターネットはグローバルにつながっているところに最大の意義がある のであって、Y2Kでも国を越えた取組みが大事だと思います(その割に、ほとんど 取組みがされてきてなかった、のですが)。

> ここですこし楽観的になれると思うのは、プロバイダーなどの場合、現場にいる
> 人間がいずれも技術者だという事です。膨大なシステムからY2Kの問題を洗い
> だすのは大変でも、いくつかの表面化した問題(DNS Serverとして使っていた
> パソコンのマザーボードが古くて日付が1900年に戻ってしまったり、セキュリ
> ティー・サーバーの接続時間の月間累計がおかしくなったり、請求書のシステム
> が発行できなくなったり、ウェブサーバーのアクセス履歴がおかしくなったり
> とか)を解決するのには、そんなに大変ではないでしょうし、市場経済へ与える
> インパクトも、現在のインターネット普及の規模では、非常に限られていると
> 思います。とはいえ、1999年12月31日まではY2K対応パッチを出し続けると天下の
> マイクロソフトも言ってるようですし、Y2K対応パッチはできる限り最後まで
> パッチファイルのインストールを続けるなど(サンの場合は何ヶ月も前に、SUN OS
> の頃までの製品にさかのぼって、ほとんどのバージョンのY2Kパッチを出し終えた
> ようですが)、現場技術者として可能な限りの対策は必要と思いますが。


プロバイダーの現場に、技術者がいない、あるいは不足しているところもあるのでは ないでしょうか。また、現場の技術者だけでは解決できない、「経営判断」が必要な ことが起こる可能性もあると思います。

サンのパッチも、本当に最終だとはいえないようですね。

> 日本でも、特に銀行とインフラ企業は、Y2K特別立法とかいって、罰則規定を
> 含む調査と対策の法制化を1年前に行えばよかったんですね。でもいまさら
> こんなことをいってもしょうがないですけど。

米国の法制化も、訴訟への免責を求める産業界には有利でも、実際の被害防止 に実効性があるかは疑問だという指摘をよく耳にします。
 ただ企業と消費者・市民とを対立的にとらえるのではなく、お客が被害を受けれ ば企業にもマイナスになる、その逆も真だという、「共生関係」に立った考え方が 必要ではないでしょうか。

 いずれにしても、現場での対策を進め、それを積み上げてグローバルに連携で きるようにする、ことが必要だと思いますし、微力ながらそう進めるつもりです。

会津 泉



from KLメニューへもどる




[ ホーム ] [ 電子メール] [ アウト・プット ] [ 研究会 ] [ ANR リンク集 ]
Copyright(C) 1999 アジアネットワーク研究所