from KL [iznewsハイライト]  May 1999



会津 泉

(アジアネットワーク研究所/クアラルンプール)



Date: 05.08 9:13 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1000] 北京でのインターネット会議

2年前に続いて、5月18ー20日に北京で大きなインターネットの会議 と展示会が開かれます。

以下に、日本語の案内も出ています。

http://www.conference.org.cn/99-jp/index.html

私も参加するつもりです。

中国のインターネットユーザーは、200万人を越えたという勢いで、 7月中には500万人になるという予測すら出ています。猛烈な 伸びですね。この調子だと、年内に1000万近く、になるということ でしょうか。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 05.11 6:32 AM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1003] ANRホームページ

内村さんが頑張ってくださって、ANRのホームページもけっこう充実してきました。

インターネットのY2K問題についても、新しくコーナーをつくりました。

アクセス統計もちゃんとあるのです。

以下のURLです。 www.anr.org/stats/


4月は、これまでの最高、あともうちょっとで、1万ヒットというところまでいきました。 5月は連休のためか、出足は鈍いのですが、だんだん盛り返してきました。

国別のアクセスを見ると、なかなか面白いデータがわかります。 日本、マレーシア、米国がいつも多いのは当然ですが、たとえばブラジル とかUAEなどからもアクセスがあったりして。

(といっても、これは制作・発信側の興味、なのかもしれませんが)。

最初のページには、内村さん撮影のKL風景、季節のビジュアルが飾られて、 皆さんをお待ちしています。


そう、いま思いついたのですが、、、。

皆さんの書かれた論文、原稿などでも、「これは」というのがあれば、喜んで 掲載、あるいはリンクします。

テーマとしては、インターネットを中心として、<アジアと情報化>、<日本の 情報化>などが中心でしょうか・・。でも、それ以外でも、受け付けます。

気軽に声をかけてみてください。


会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 05.13 10:43 AM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject: [iznews 1007] アドレス変更について

4月の異動の季節がすぎて、このリストの参加者の皆さんのなかでも、 物理的な異動と、論理的な異動、つまりネットワークのアドレスが変更に なった方が少なからずいらっしゃると思います。

いま確認したところ、10名の方が、旧アドレスでメールが戻ってきてい たので、登録を削除することにしました。残念ながら、大半の方は、新 アドレスを連絡いただいていないので、このリストからのメッセージは届 かないことになります。

とくに多くのリストに参加されているような場合、アドレスの変更をいちいち連 絡するのは面倒なのは、よくわかります。

しかし、エラーメッセージが戻ってくるのは、管理者にもけっこう負荷がかかる のです。

新アドレスがわからない限り、とりあえずは、削除してしまうしかありません。

ということで、このリストに継続して参加されたい場合には、できるだけ事前に 旧アドレス(削除のために)と、新アドレス(登録のために)の両方をお知らせ ください。

よろしくお願いします。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 05.18 11:36 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1008] 北京からです

先週金曜から東京に来ていて、今日午後、ここ北京へと移動してきました。

去年行われた中国の行政改革の結果、日本でいえば郵政省と通産省が 一緒になって、情報通信省ができ、そのはじめてといっていい大きなイベント が、インターネットの会議と展示なのです。

日本では、主にインターネットのY2K問題について、会合を開いたり、政府 関連を訪問して、アジアの「ロードショー」への資金援助をお願いしたりし てきました。なかなか難しいですね。

で、今日が北京の会議の初日で、大臣をはじめ主な人の出番は終わった ので、いちばん目立つところは残念ながら見逃してしまったのですが、聞く ところでは、展示もあわせると1万人を越える人が集まったということで、そ の意味では大成功だったそうです。

でも、基調講演に招待したスピーカーのうち、アメリカの企業トップ人たちは、 例のユーゴの中国大使館誤爆問題のせいで、中国への出張を見合わせた 人も多いようで、招待した中国側は相当怒っていた、ということも聞きました。 国際政治の現実にいやでも向かい合わざるをえないのですね。

日本がアジアの一員として、これからどのようなコースをつくっていくのか ということを考えると、インターネットいついても、どういう方向で取り組むの かということは非常に大事な問題だと、あらためた感じさせられました。

会議は木曜までです。私は、たぶん明日、Y2K問題の集まりを開いて、アジア として協力して取り組むことを訴えるつもりです。金曜に成田に戻り、土曜に KLに戻ります。その次は、ベルリンでの、インターネットの管理問題、ICANN の会議、それが終わると、幕張でのインターロップで、またY2Kのセッションを します。5月から7月にかけては、出張合戦なのです。

北京でローミングサービスが使えるかと思ったのですが、どうも駄目なようです。 仕方ないので、日本に直通でかけることにします。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 05.20 0:51 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1012] Re: List of India-related web sites

伊藤さん、貴重な情報をありがとうございます。

ただし、、、この場は、インフォーマルな場、パーソナルな場なので、あまり簡 単な「転載」、アナウンスはできれば避けてください。

とくに英語を直接というのは、辛いので、せめて簡単な説明を日本語で追加 されるとうれしいですね。ただの「リンク集」は勘弁です。ご自分が直接かか わっている、というレベルで、そのかかわりがわかれば違うと思うのですが。

また、皆さんの関心は幅広いので、たとえば必ずしもインド関連について、共 通に関心があるとは限りません。

という意味では、「インド関連のサイトについて知りたい方がいれば連絡くださ い」といった形でまず要約のみを書かれて、関心のある方に情報がいくように するといいのではと思います。

ここでは、「放送」型の利用は、できるだけ避けていきたいので、ご協力お願い します。そうでないと、抜けられる方が出ますので。

せっかくの努力に水を差すようですみませんが、どうぞご理解をお願いします。


会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 05.29 8:51 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1016] Londonです

ベルリンで開かれた、インターネットの新しい管理組織をつくるための会議、 ICANNに出て、いま帰りにロンドンの空港に寄ったところです。

皆さんが使っている、ドメインネームという、インターネットを使いやすくして くれているとても簡単な仕組みについて、これからどういう管理体制、責任 体制をつくるべきかという、ここ数年来インターネットの関係者および政府 や企業の人たちの間でおおきな懸案になってきた問題についての議論で す。

私はMACといって、これを会員組織にするための原案づくりの委員会に 属しているため、「ボランティア」なのですが、ベルリンに来ました。同時に インターネットのY2K問題についてもアピールするという大きな仕事も兼ねて。

実は、このMACの開き方で、すごく頭にきたのです。予定の会議を午前中 に休憩にしたのはいいのですが、そのあとを一方的に「延期」すると、昼 休憩が終わった帰ってきたときに言われて。まさか冗談だと思ったら、本当 だというのです。だれもメンバーに相談せず、議長二人が勝手に決めたという。

ここにICANNの運営の本質的な問題が含まれているのです。なんていえば いいのか、役員会でいろいろ「広く意見は聞く」という姿勢はとるのですが、 実際には、自分たちの決めた線に近づけるための「ガス抜き」だったりして。 頭にきたのでガンガン文句を言って、予定通りに会議を開いてもらいましたが。

同様のことが、政府による顧問会議GACでもありました。これももっと広く 意見を聞くべきだ、とオーストラリア政府から出ている代表に「提案」をした ら、彼はなにを思ったか「お前に指図される筋合いはない」と怒るのです。 はっきりいって、がっかりというか、見下げたというか。

プライドばかり高くて、実務についてきちんと詰めない人たちが多いのは 困ったものです。


どうも、「ボトムアップ=下から」という表現と考え方に問題があると思います。 CANフォーラムでは、「内から」と変えています。英語だと「from inside out」 とか、「emergent」という言葉にすべきなのでしょう。自分たちが、プロセスに かかわらないで、外から見ていて、「下からあがってきた案を取り入れてあげ よう」という、高みに立つ姿勢に問題があると思えてなりません。

また一つ宿題ができてしまいました。

で、明日=日曜にKLに着いて、月曜夜にKLを出て、火曜から日本です。

2日、東京ではCANフォーラムの総会があるのですが、幕張で午後 Y2Kの特別セッションが2時から、ICANNの特別セッションが6時半から 予定され、私はそちらに出ます。皆さんもぜひ、(どちらかに)お越しください。

会津 泉


from KLメニューへもどる




[ ホーム ] [ 電子メール] [ アウト・プット ] [ 研究会 ] [ ANR リンク集 ]
Copyright(C) 1999 アジアネットワーク研究所