from KL [iznewsハイライト]  January 1999



会津 泉

(アジアネットワーク研究所/クアラルンプール)



Date: 01.01 11:39 AM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 792] 年の初めに

新しい年を迎えます。

98年は、忙しく世界を飛び回った一年でした。
6月にAPIAの事務局長になり、インターネットのドメインネーム問題などに かかわったこと、そして米国から始まりつつある、新しいIPネットの潮流がも はや決定的な流れとなったこと、この2つが大きなヤマでした。アジア各国 は、残念ながら経済の下降に苦しんだ一年でした。ANRとしては、まだまだ 力不足を感じた一年でもありました。

さて、1999年は、どんな年になるのでしょう。

日本とアジアの経済は、上向きになるのでしょうか。それとも、まだ一二年、 低迷が続くのでしょうか?

今年がとくに難しい年になるという予測は否定できません。例の2000年問 題があるからです。

ことさら「悲観的」になるつもりはありませんが、少なくともこれまでに集めて みた情報、知識、意見の限りでは、何も問題が起きず、無事に2000年の 新年を迎えられるという保証は、いまのところほとんどないようです。

何がどの程度の規模で起きるか、まったく予測がつかないということ自体が この2000年問題の特質だといえます。予測できないことに対しては、客観 的、合理的な「対策」の立てようがありません。だからといって、主観的、非 合理的な対策しかできない、というのも乱暴です。

他の様々なテーマと、この2000年問題というテーマとを、どういうバランスで 取り上げていくべきなのか、そこが見えないで、少々困っています。
とりあえず、インターネットと2000年問題、に絞ってみようと考え始めました。

たとえば、ほとんどのISP(プロバイダー)は、2000年問題についての点検 結果の情報を開示していません。

インターネットはもはや重要な社会インフラ、あるいはライフラインの一部で ある、とすれば、電力、金融などと同様に、各社が運用するシステムについ て点検を行い、テストをし、その結果を公開すべきだと思います。

そこでAPIAとして、この問題にかかわることを推進しようと考えてています。 日本のインターネットの業界も、同様に動き、かつ国際的な連携を計る必要 があると思います。

米国のFCCから、そういうメッセージが届いています。

利用者としては、事業者側の努力、対策を見守り、あるいは監視し、間違い なく、オペレーションの継続が保証される方向に導く必要があるでしょう。

新年休みが終わってから、メーリングリストを始めたいと考えています。 みなさんにも、ぜひ積極参加・活用をお願いします。

とくに、このリストには、関連する企業、メディア、役所、研究者のみなさんが 多数いらっしゃいます。そういう方には、とくに関心をもたれることをお願いし たいと思います。

年初から、あまりおめでたくない話題で恐縮ですが、365日後に明るい新年 を迎えられるために、今年はいつも以上に頑張る必要があるかな、と思って のことなので、あしからずご理解ください。

それでは、皆様にもどうぞ良い一年となりますように。
そして、ANRへの変わらぬご指導、ご支援、よろしくお願いします。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

01.02 1:43 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 794] 新年パーティー 1月20日(候補です)

恒例?の、新年パーティーですが、今年はすこし遅めにしようと思います。

いまのところ、第一候補を1月20日と思っています。

週半ばの水曜日なので、みなさんあまり遅くまでは騒げないかと思います が、それもまたよし、かなと思います。

明日KLに帰ってから、日程調整をして確定したいと思っていますが、予定 だけでも早めにお知らせしておこうと思い。

今年もワインが主かなと考えているのですが、なにかもう一つ、それらしい テーマ、を設定できないかなと思います。良いアイディアがあれば、ぜひお 知らせください。

遠くの方などで、参加いただけない方にも楽しんでいただける良い方法が あれば、なおうれしいですね。

それでは、どうぞよろしく。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 01.02 1:50 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject: [iznews 795] 京都のお勧め料亭

料亭、などという贅沢なところには、ほとんど行ったことがないのですが、 先月、インターネット・ウィークで京都に行ったついでに、一軒行きました。

で、関西方面の方、あるいは、京都に旅行された折りにでも、ぜひお越し いただければと思って、あえてご案内します。

その名も、「瓢亭」。ただし、有名なのは南禅寺のそばのだと思いますが、 こちらは鞍馬にあります。尾形光琳の屋敷の跡地に建つ、とてもクラシック な佇まいのお店です。

実は、ここはANRの「相棒」の内村さんの奥様の実家なのです。それがお勧め の第一の理由でもあります。

夏はハモ、秋は松茸、と季節の食材が豪華に出てきます。それでもお値段 は東京の3分の1位でしょうか。一席7000円からと、良心的です。

いまはさすがに不景気で、お客も減っているそうで、予約は問題なくとれる はずです。

場所は、地下鉄鞍馬口から徒歩一分。
京都市上京区烏丸鞍馬口下ル一筋目東入ル
TEL 075−441−3041 

それでは、どうぞよろしくお引き立てのほどを。
で、もしいらっしゃったら、ぜひレポートのほどお願いします。

会津 泉

(新年から食べる話ばかりで、失礼しました)


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 01.06 11:27 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 803] New Year Part y のお知らせです

予告通り、iznewsメンバーによる99年の新年会を、来る1月20日に、拙宅で行い たいと思います。

(来年はとてもPartyどころでないか、あるいはすっかり安心か、どちらでしょうね・・・)

開始時間は6時半頃、終了時間は??ですが、ま、電車のあるうちとしましょう。 翌日も仕事だし。もちろん出入り自由です。

参加される方、できるだけ事前にリストに、あるいは私宛のメールで、その旨お知らせください。 

知人、恋人、その他同伴者歓迎します。ぜひ、面白い方を大勢。もちろん、オンライ ンやFAXのみの参加も歓迎です。

飲み物(なるべくワインかな?)、食べ物の持込み、歓迎します。でも、なくても全然かまいません。なんとかなります、はい。

・住所:東京都目黒区柿の木坂1-28-15
・TEL:03-3717-2450 Fax:03-5701-7781

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・道順:東急東横線 「都立大学」駅 下車 徒歩5分です。
     (渋谷から約10分、急行は通過します。)

下の下手な地図と説明で、来られるでしょうか・・。迷ったら、途中から お電話ください。救援隊が出ます。


           都立大学駅
渋谷 ← =====□==== → 自由が丘
            | |
            | |◆住友銀行
        ==| |==目黒通り
      蕎麦屋◆| |
    ===| |==
        | |
        | |教会
        | |◆
== ==
        | |
ここ → ◇ | |
==

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

都立大学駅の改札(1つしかない)を出たら、すぐ左に。
目黒通りの信号をまっすぐ渡って、次の小さな交差点を右に。
角に松可津という、昔ふうのお蕎麦屋さんがあります。

右手に酒屋を過ぎ、50m先の一方通行を左に入る。
150m先の左側に柿の木坂教会があり、さらに100mほど先の路地 を右に入り、角から二軒目、右側の家です。
地下に車庫あり。表札あり。角に案内を出しておきます。

たまたま日本に出張中という、石井裕さん(MITメディアラボ)からも、もしかすると 遅くなってジョインできるかも、というメールが入りました。懐かしい顔、新顔、皆さんお待ちしています。遠くてこれない方、ごめんなさい。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 01.08 6:34 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 809] MS vs GM

閑話休題

こんな小話が来ました。

チェーンメールにならないように、、、なりそうだけど。

私のレッツノート、電源管理がおかしくなって、サスペンドができず、
ウィンドーズを再インストールしたのに、またすぐおかしくなって、
いろいろ探して松下のサポート窓口にメールを出したら、OSの
バグでしょうと、マイクロソフトのサポートのホームページの該当 箇所を教えてくれて、やっと修理できた、のです。

何時間無駄にしたかと思うと、けっこう頭にきますね。

会津 泉

--------------
ビル・ゲイツはこんなことを言ったそうです。「もしGMがコンピュー
ター業界のような絶え間ない技術開発競争にさらされていたら,
私たちの車は1台25ドルになっていて,燃費は1ガロン1000マ
イルになっていたでしょう。」
これに対し,GMは次のようなコメントを出したと言われています。
「もし,GMにマイクロソフトのような技術があれば,我が社の自動
車の性能は次のようになるだろう。」
 1.特に理由がなくても,2日に1回はクラッシュする。
 2.ユーザーは,道路のラインが新しく引き直されるたびに,新し
   い車を買わなくてはならない。
 3.高速道路を走行中,ときどき動かなくなることもあるが,これ
   は当然のことであり,淡々とこれをリスタート(再起動)し,運
   転を続けることになる。
 4.何か運転操作(例えば左折)を行うと,これが原因でエンスト
   し,再スタートすらできなくなり,結果してエンジンを再インス
   トールしなければならなくなることもある。
 5.車に乗ることができるのは,Car95とかCarNTを買わない
  限り,1台に1人だけである。ただその場合でも,座席は人
   数分だけ新たに買う必要がある。
 6.マッキントッシュがサンマイクロシステムズと提携すれば,も
   っと信頼性があって,5倍速くて,2倍運転しやすい自動車に
   なるのだろうが,全道路のたった5%しか走れないのが問題
   である。
 7.オイル,水温,発電機などの警告灯は「一般保護違反」とい
   う警告灯一つだけになる。
 8.座席は,体の大小,足の長短等によって調整できない。
 9.エアバッグが動作するときは「本当に動作して良いですか?」
   という確認がある。
10.車から離れると,理由もなくキーロックされてしまい,車の外に
   閉め出されることがある。ドアを開けるには,1ドアの取っ手を
   上にあげる,2キーをひねる,3ラジオアンテナをつかむ,という
   操作を同時に行う。
11.GMは,ユーザーのニーズに関わらず,オプションとして
   Rand McNally(GMの子会社)社製の豪華な道路地図の購入
   を強制する。もしこのオプションを拒否すると,車の性能は50
   %以上も悪化する。そして司法省に提訴される。
12.運転操作は,ニューモデルが出る毎に,はじめから覚え直す
   必要がある。なぜなら,それ以前の車とは運転操作の共通性
   がないからである。
13.エンジンを止めるときは「スタート」ボタンを押すことになる。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 01.17 0:41 AM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 827] ウェブ上のスケジューリングソフト・サービス

今日入ってきたニュースです。新しい種類のソフト、だと思います。

私のように出張の多い人間には、スケジュール管理ソフトが、 オンラインで自由に使えることは、とても大事なのです。 ところが、なかなかよいソフトがなかったのです。

いまはナウ・アップツー・デートを使っています。LANまでなら なかなか快調です。インターネットでも使えますがが、サーバー を自前で用意する必要があり、そこがネックでした。ダイヤルアップ アクセスなら可能ですが、電話代が・・。

このソフトは、サーバー側のサービスを提供してくれるので、自前の サーバーは不要です。クライアントソフトがないようなので、すべて オンラインでチェックしないといけない、みたいなのが気になりますし、 日本語も、たぶん無理かなと思います。でも時差などの調整もして くれるようで、使い勝手さえよければ、期待できます。

まだ発表されたばかり、のようです。ぜひ試してみてください。 デモアカウントを無料で出してくれるようです。

従来はLANやパソコンのスタンドアロンで処理していたアプリケーションを、 インターネット上で自由に使えるようにする、この手のソフト・サービスが これからは相当増えるような気がしてたのですが、やっと出てきましたね。

会津 泉

San Francisco -January 13, 1999- Jintek, based in San Diego, California, today launched a public beta of its calendar andscheduling Web site, ScheduleOnline (www.scheduleonline.com).

ScheduleOnline is a free site aimed at small to mid-sized businesses and non-profit organizations.

At ScheduleOnline, users can schedule meetings and individual tasks, reserve resources, as well as create personal to do lists and notes. With the data stored on ScheduleOnline's secure servers, users can access their calendar and schedule meetings from any computer connected to the Internet, at any time of the day. In addition, each user can view the times of their meetings in their own local time zone.

(以下略)


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 01.17 1:02 AM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 828] 新刊 『アジア新しい物語』

昨年、文春に連載された「アジア新世界」のストーリーをまとめた、単行本ができま した。

私も、7月号で取材されて書いてもらったので、宣伝になるのですが・・。

野村さんは、「在日コリアン」という本でベストセラーを出し、大宅賞と 講談社のノンフィクション賞を同時受賞したという、気鋭のライターです。

とても、サッパリした方です。メールをまだ始めていないのが、ちょっと 残念なのですが。

単行本にするのに、加筆された、と手紙で教えられました。

紀伊国屋のブックウェブで、書誌情報をとってみました。以下です。

アジア新しい物語   ISBN:4163546707
出版社:文藝春秋 著者:野村進
1999/01
\1,667 (消費税別)

私もまだ見ていないのですが、よろしければどうぞ。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 01.18 10:18 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 830] KLIAから

また、旅ガラスが始まります。

ここは、KLIA、つまり新空港です。ラウンジの机に、モジュラージャックと 電源が用意されていて、簡単にアクセスできるようになりました。
使っている人は、、まだあまりいないけど。

今夜から、断食(ラマダン)があけて、ハリラヤのお祭り・休みです。
この一週間は、マレーシアは大半がお休みモードです。
明日・明後日は、正式の休日だし。

その合間を利用?して、明日朝から日本です。6月に開催される インターロップの会議の実行委員会に参加するのが主な目的。
新年パーティーが副産物、です。その後も参加表明が続いています。 明日には、追加名簿を出せると思います。

木曜の昼に成田からニューヨークへ向かいます。インターネットの ドメインネーム問題の会議が続いて。どういう組織をつくるべきか、 オンラインの議論を受けて、詰めるのです。3月はじめには、シン ガポールで開かれるAPRICOTというアジアのインターネット関係の 「お祭り」で、アメリカやヨーロッパなどからも集まって、このICANN という組織の会議も開催します。

アメリカでは、Y2Kも追いかけたいと思っています。
木〜土に、ニューヨーク、ワシントン、ボストンと、それぞれ
1日ずつ。日曜夕方成田着、翌26日昼の便で、KLに戻ります。

というわけで、ちょっと慌ただしい報告でした。
そろそろボーディングかな。日本の連休を利用したツアーのお客様で 満席のようです。

でも、新聞や雑誌を見る限り、日本の景気はひどいですね。
回復の兆し、どこかにあるのでしょうか?

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 01.19 11:02 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 831] 新年会 名簿改訂版です

(遠い方、ご都合の悪い方、興味の無い方、スミマセン)

20日の新年会、名簿のアップデートです。 
39名、男女比は約2対1のようです。

順不同、敬称略、確定でない方も含まれています。

ご所属も、「記憶」で書きますので、もし間違っていたり、その後変更などあれば、 お知らせください。皆さん、「年齢不詳」にしました ;-)。


石井 裕  MITメディアラボ
石井俊成 ノーテルネットワークス・ペイネットワークス事業部
石井由香 津田塾大学国際関係研究所
伊藤容吉 富士ゼロックス + 長女の納奈さん
小林  一 地域振興整備公団
小山洋輔 小林さんの同僚
村田史子  〃
森友種徳 野村IR
坪田知己 日本経済新聞
関口和一 日本経済新聞
樋田桂一 職業能力開発大学校
橘田芳宗 カイリウ・アドリ 並木歩 岡直子 佐々木実
伊勢和宏 九州大学医学部付属病院
近藤良子 帝京大学・学習院大学(4月〜)
伊藤淳子 株)メトセラ  http://www.wearables.co.jp
       株)エイガアル http://www.a-girl.co.jp
加藤敏春 通産省サービス産業課長・余暇開発室長
鈴木敏行 (株)スーパーホットラインズ
藤野幸嗣 ハイパーネットワーク社会研究所
属 正明 ソフトバンクフォーラム
角谷ゆり  フリー
土肥弘子 クオリティ(株) 企画部
塚本 弘 日本電子機械工業会 (奥様も)
望月 宏 専修大学
Martyn Williams Newsbytes News Network Japan Bureau http://www.newsbytes.com
大西 さん 郵政省
千葉 薫 マップ・クリエイト + 村山さん 俵さん(社員)
松浦さと子  名古屋大学大学院人間情報学研究科
つなぐねっと http://tunagu.gr.jp/
関根千佳 (株)ユーディット(情報のユニバーサルデザイン研究所) http://www .udit-jp.com
織田勝也 東京インターネット
西崎三浩 国際デジタル通信
辻 修 JTBサポートインターナショナル
山田肇子 インプレス


なお、私自身はこの日、夜10時から11時、米国との電話会議が入ってしまいまし た。
その間、私はちょっと抜けます。翌朝も米国出張で早いので飲み過、遅くなるな、と 注意が家族から出ています。あらかじめのおことわりです。

では、お待ちしています。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 01.22 1:53 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 838] from DC

新年パーティーでは、来られた皆さんとは楽しい時間を過ごすことが できてありがとうございました。メールもいただいているのですが、 まだお返事を一つひとつ書く余裕がないので、ここで代表してお礼を 申し上げます。

で、翌朝箱崎経由で成田に着て、そこでAPIA電話会議というのを こなして、すぐニューヨーク行きの飛行機に飛び乗りました。

ニューヨークでは、大分コアラの尾野さんたちの一行が、ivillage という、オンラインコミュニティ・ビジネスの会社訪問をしていたの に飛び込んで合流。2月末の大分でのワークショップへの参加を依頼 するのが目的でもありました。

それから、また空港に行って、ワシントンへ。DNSOといって、インターネット のドメインネームを管理する組織をつくるための準備会に参加。ルールづくり という、根気のいる作業を、みんなで必死に議論しているのです。

終わって、メンバーの何人かと食事して、いま戻ってきたところです。 ドイツとアルゼンチン、そしてアメリカのISP業界団体の代表と一緒でした。 ジョージタウンの1978という、フランスレストランで。

泊まりは、いつもワシントンでは、リサ・キンバルとその旦那のジョン・クーニー 夫妻の家にホームステイです。

リサは、メタネットという、電子会議とコンサルティングをしている小さな会社 の経営者。ジョンは、バリバリの弁護士。最近はY2Kにも詳しいのです。

というわけで、いまは日本時間だと昼の12時少し前、ですね。さすがに 機内でちょっと寝ただけなので、まぶたがくっついてきました。

それでは、また。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 01.27 0:42 AM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 851] 荷物が届かなかったら (長文失礼)

本日成田発13時の便で、KLに戻ってきました。やれやれ、でした。

アメリカ、ニューヨークから成田への便にチェックインした私の荷物が、案 の定出てこなかったのです。ニューヨークのJFK空港が霧で視界が悪く、 ボストンからの便が大幅に遅れたのが主因でした。

JFKにようやく着陸したのが、成田行のJAL便の出発予定時刻のわずか 30分前。成田と違い、広〜い空港、ターミナル5からターミナル1へとバス で移動するだけで、10分はすぐかかります。走って、やっとチェックインで きたのが、15分前。係員と一緒にゲートへ。と、人間の方は間に合ったの ですが、荷物は・・・。

当然危ないと思ったので、ボストンからの飛行機がJFKに着いたときに 地上係員に「積替えは間に合うのか?」「問題ない」と太鼓判。
JALのチェックインカウンターでも、タグを見せて「これ、大丈夫なの? 危ないと思うから、ゲートでも確認したい」
「いえ、大丈夫です。間違いなく積みますから安心してください」。

なのに、やっぱり。。。成田で荷物が出てくる回転台に名前が出ていて、 係員のところへ行くと「積んだかどうか、確認できていません」。

規定の書類に住所氏名だの書いて、オシマイ、にしようとするので、

「あの〜、このままだと着替えもないし、普通はその費用は出してくれるの では?」 と訊きます。これが第一のポイントです。
相手ははっとした顔で、「少々お待ちください」 「では、別室までお願いします」。

航空会社によって違いはありますが、こういう場合、要求すれば、最低限の 当座のものを買うための現金を支給してくれるのです。知らないと丸損です。

税関を通って(何もチェックするものなく)、外に荷物のトラブル専用の部屋 があります。別の係の女性が出てきます。また書類を書きます。

「航空会社同士の規定で5000円をお払いしますので、ここの受取りの署名 をお願いします」
「その規定というの、見せていただけます?」 これがポイントです。
「少々お待ちください。」 奥に入ります。
「申し訳ありませんが、お見せすることはできません」
「それでは、納得できません。ニューヨークで心配だから確認したら、絶対 大丈夫ということだったのです。・・・・」
「少々お待ちください。」と、また奥に入ります。
「上司と相談したのですが、1万円でいかがでしょうか?」
「それでは、上司の方とお話させてください」

で、吉田課長、という人が出てきました。そこで改めて 「航空会社同士の協定なのですか、それともJALの内規なのですか」 と突っ込むと、 「内規です」という返事。明らかに食言です。それで、いろいろ指摘して、 結果的には1万円をもらいましたが、署名のところには「条件を留保する」 という意味のことを書き添えました。なぜなら、そこには 「荷物が出てこなかった場合には、この金額は補償金の一部または全部 に充当することを了承する」とあるからです。文書のタイトルは「日用品購入 代金領収書」とあるのに。

どうも、最初は5000円と口頭で言って、納得すればそれで止め、納得しな い人には1万円にする、というような裏の仕組みがあるようなのでした。 私はたまたまマイレッジが溜まって「グローバルクラブ」というJALにと っての上客に該当していたから、ということもあるというのです。

疲れているので、こちらもあまりしつこく主張はしませんでしたが、文句を 言えば結果的にゴネ得になるような体制そのものがおかしいと申し上げま した。荷物の未着は、お客側には珍しいことでも、航空会社にはよくあるこ とで、きちんとシステムをつくっておいて、お客にも明示し、納得がいくよう にしておくべきだと思うと、言いました。そうすれば、お互いに嫌な思いをす る必要がないし。

実は昨年夏に、ストックホルムの空港でも同様の事態を経験しました。 エールフランスに「24時間経過しないと、規則で一銭も支払えない」と言われて 「当座のものがいま必要なのです。ではその規則を書いた文書を見せて」と言っ たら、「見せられない」といって現金を出してきました。
「寒いし、これからディナーに行くのにスーツも買わなければならないから、それ では不足です。差額を後から払ってくれますか」と言ったら、若干上積みしてきま した。子供と二人だったので、たしか2万5千円位にはなったと思います。

ですから、皆さんも、万一荷物が出てこなかったら、当座の着替えなどを買う費用 を請求すれば、最低でも5千円か1万円は出る、と知っていてください。航空会社 からはまず言ってきません。それがおかしい、と思いますが。

話は変わりますが、去年、スイス航空がやはりJFKを離陸して、カナダに墜落した 事故がありました。提携しているデルタ航空が、社員の中から「ボランティア」を 募り、救援・捜索現場に向かった家族への付添要員を送ったという話を、英語の 雑誌で読んだことがあります。悲嘆に暮れて待機し、残る家族に連絡をとったり、 最後は近くの教会での仮葬儀まで、常に一家族に二人が交代で付添い、なにか と世話をし、話相手になったというのです。それも、テキサスの予約受付の係員 とか、事務系も含め、各地から直接は無関係な様々な仕事をもつ社員が駆けつ けた、というのです。その結果、通常は激しく非難される航空会社側が、かえって 感謝された、というのです。

その背景には、数年前の墜落事故で、航空会社の対応があまりにひどかったと 遺族が激怒したというケースがあり、これを大統領が取り上げて、航空会社に事故 の際の対応についての改善対策を指示した、という一幕があったのです。で、デルタ 航空では、日頃から社員に呼びかけ、いざというときのボランティア要員を確保し、 必要な訓練を与えてあったといいます。会社側には、結果的には、事故の後のイメ ージダウンが緩和され、訴訟額も当然減りますから、利益になるのです。でも、そう いう利害計算以上に、「誠意」を尽くせるだけの体制を日頃から準備しておいたという 経営のあり方と、それに社員も参加している、というところがポイントでしょうか。

日本では、例のコトダマ信仰がありますから、「墜落事故後」の体制を日頃から用意 しているとわかれば、かえってその航空会社の信用が損なわれるかもしれません。

Y2K問題でも、「万一の可能性でも、対策をちゃんと立てるべきだ」と主張しているだ けなのに、「そう言うから、そういう事態が起きてしまう。」と非難されてしまう、 ことが あるのです。そういう「空気」とでもいいましょう。

昨年、やはりJALでJFKからの帰途、最初は燃料不足、次が部品の故障で、結局 アンカレッジに一泊し、翌日のシンポジウムに5分遅刻で飛び込む、という経験をし ました。96年には、私は結果的にセーフだったのですが、米国視察を一緒に行った 人たちが、台風で成田ではなくまず関西空港に着陸し、そのまま数時間機内で待機 した挙げ句、成田に夜10時過ぎに到着。しかし、バスの用意も何もしていないので、 頭に来たN氏がJALの副社長を電話で呼びだして、用意させた、と聞いています。 乗員用のバスだけは手配されていた、と。

どこまでが事実なのか、確認していないので、JALの関係者の方が読まれたらすみ ませんが。でも私の場合でも、後からは何の処置もありませんでした。とにかく急ぐ ので、タクシーを大宮まで飛ばしました。3万円余は、プロダクションが払ってくれま したが、でも、ちょっと納得いきません。主張しないで黙っていれば損をする、という のは、どうも・・・。

どうも長文で失礼しました。なにかのご参考にしていただければ、幸いです。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 01.18 10:18 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 867] Re: アドレスの変更について

倉谷さん、さっそくご連絡ありがとうございます。

NTTの皆さんは、一斉に異動が始まっていて、アドレス変更も多いですね。 まだの方、よろしければ早めに連絡お願いします。ご連絡がなくて、元の アドレスが使えなくなると、このリストのメールが全部「エラー」になって 戻ってきてしまいます。

> これからは電話NWが、負の遺産となる前に、コンピューターNWに
> 切り替えていくタイミングが、大切と思います。

そうですね、タイミング、そして「方法」が大事なのかなと思います。
NTTに限らず、アジアの電話会社も、みな同じ問題をいずれ抱えて くと思って見ていますが、なかなか・・・。

会津 泉



from KLメニューへもどる




[ ホーム ] [ 電子メール] [ アウト・プット ] [ 研究会 ] [ ANR リンク集 ]
Copyright(C) 1999 アジアネットワーク研究所