from KL [iznewsハイライト]  March 1998



会津 泉

(アジアネットワーク研究所/クアラルンプール)



Date: 03.01 3:23 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject: [iznews 274] 後援名義について

後援名義についての、中野さんの名(迷?)解説を読んで、10年 以上も前の出来事を思い出しました。

86年にネットワーキングデザイン研究所という会社を設立した私 たちは、翌年の創立一周年の記念に、パソコン通信をテーマにし たイベントの開催を計画しました。
 その準備を始めた頃、たまたま当時通産省の電子政策課(?) にいらした中野さんと、偶然Mixという、日経BP主催の電子会 議ネットで出会い、通産の人とは知らず、メールを出したことが きっかけで、「中野さん、後援名義って、どうやったら貰えるの でしょうか?」と、すごくナイーブな質問をしたのです。

 最初のお返事は、けっこう否定的で、一私企業がもらうのは無 理、というものでした。ところが、実際に役所に足を運んでネッ 研をつくったいきさつやら目的、イベントの趣旨などの説明を始 めたら、急に興味を示され、

「後援名義ってのは、役所の担当者さえその気になれば案外簡単 にとれるものだよ、お〜い、江藤君、ちょっとこの間のイベント の後援名義申請書、もってきてくれないか」

と、一気に話が進み、大学教授を長とする実行委員会を構成し、 (そうすると、営利性が薄まり学術研究色が出るのだそうです)、 規約をつくり、新聞社を後援に入れ(そうすると公的性格が強く なり、役所も後援しやすくなるのだそうです)、、、と、ノウハ ウを細かく指導してくださりました。

その後、どうせなら通産省だけでなく、郵政省の名義もほしい、 さてどうしたもんかと思い、このメーリングリストの前身のよう なネッ研で動かしていた電子会議「ぱんせ」で呼びかけたところ、 深夜に書いたメッセージに、公文先生から翌朝には「もう郵政省 の担当者とは話をつけたから、すぐに連絡するように」とのレス ポンスがあり、朝は直行で外出していた私は、そのまま郵政省に 足を運び、説明をしていた、わけでした。

 たしかNTTから協賛をいただくのに、郵政省の後援名義がある 必要がある、からだったと思います。

 で、両省とも、事務手続きだけ進めていただき、当日になって ようやく申請が認められ、書類をいただいたような記憶がありま す。このときは、どさくさ紛れ、で両省並立になったのです。

 同様に、朝日新聞と日経新聞と、両方同時に後援していただく ことも実現しました。「通産と郵政が一緒なのだから、新聞も 一緒でいいでしょ」と無茶苦茶な理屈を通して。

 いや、中野さんサマサマでした。はい。

 その後、ネットワーキング・フォーラムのイベントを開く毎に 両省、自治体、新聞、放送などの後援名義をいただいてきました。  そこでは、様々な摩擦やら縄張り争いやらを間近に経験するこ とができました。

 たしかに、無名なところの催しが、後援名義一つで、急に「権 威」があるかの錯覚を与える、という効果はあります。

 資金的に大きくプラスになるかというと、ケースバイケース、 でした。

 最後は、主催者の姿勢、意図、見識によると思います。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 03.02 5:29 AM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject: [iznews 278] 世界情報サミット アジア分科会追加招待のお知らせ

すでにお知らせしましたが、 3月10日に開催される、
日本経済新聞社主催の世界情報サミット、
私がコーディネーターをするアジア分科会に
さらに追加でご招待できる枠をいただきました。

午後の部で、1時半から5時まで、です。

(まだ多少席に余裕があるのかなぁ)

参加ご希望の方は、私までメールをください。

内容については、日経のホームページをご覧ください。
http;//www.nikkei.co.jp/summit
です。

メールには、下記事項を必ず入れてください。

お名前
会社・団体名
所属・肩書
住所(送付先)
電話番号
FAX番号
電子メールアドレス

それではよろしくお願いします。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 03.06 4:35 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject: [iznews 286] to Tokyo

明朝、ここを8時45分の便で、東京に向います。
今回は足かけ一週間の滞在となる予定です。

日経の世界情報通信会議が主で、前後の準備、ANRとしての 営業、などなど、いつもながら、けっこう詰まってしまいました。

で、たぶんまた4月にも出直しとなることになると思います。

4月で一周年になるわけで、今後の展開をどうしていくのか、いろいろ 思い巡らしているところ、でもあります。景気は良くなさそう、ですし。

いまの事務所、実は「又貸し」なのですが、われわれにとっての大家、 又借り先が、出ていくことになり、いままでの倍のスペースを借りる かどうか、という選択に迫られています。家賃は、そう大幅に上がる わけではないのですが。 これも景気悪化の症状なのだと思います。

元の大家との交渉なども、いろいろあるのです。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 03.11 11:53 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 300] Re: パラリンピック・ウエッブサイト

日経新聞主催の「世界情報通信サミット」、一昨日ですが、無事に 終わりました。オンライン、オフラインで、ここのリストからも多数の 方にご協力をいただきました、ありがとうございました。あまり、皆さん とゆっくりお話ができなかったのはちょっと残念でしたが。
全体としては、けっこう盛り上がったのかなと思います。関口さん、 たいへんお疲れ様でした。

でも、もう2、3年前に、日経がこういうイベントをしていれば、もっと よかったのかなあ、とふと思いました。

辻さん、会場にいらしていたの気がつきませんでした。スミマセン。 近藤さん、佐藤さんはわかっていたのですが。

私は、昨日は午後急遽京都まで行ってきました。立命館大学に 尾野さんと一緒で。日帰りというか、夜帰りで。春の京都を味わう 間もなく。

さて、新聞の投書でも出てていたようですが、パラリンピックはTVでは まったく中継されていないのですね。スポンサーがつかない、から でしょうか?

それだけ、インターネットでの中継は貴重なものだなと思いました。

マスメディアの感覚って、ちょっとズレているのかなと思うこのごろ でした。

土曜の朝、KLに向けて戻ります。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 03.17 4:27 PM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 314] 忙中閑あり?

あわただしい出張の一週間から、土曜日にKLに戻ったのですが、 こちらでもけっこう忙しい毎日が続いています。

日本でお会いした皆さん、お世話になりました。

会えなかった皆さん、ぜひ次に!

で、昨日今日と実際に何をしているかというと、、、

私事ですが、昨年4月から私に同行してKLに来て、公私の手伝いを してもらってきた次女が、月曜に帰国となり、家族で一緒に食事に 行ったり、早朝に空港に送ったりしました。
無事日本に着いたようです。

こちらは支払いは小切手の振り出しがほとんどなのですが、ウッカリ して、いつもと違うゴム印を使ったら、銀行からストップがかかり、 手紙を書いて届けてきました。送られてくる小切手も、銀行の窓口 に持っていって、口座に振り込みます。日本ほど混雑していないの で処理はすぐですが。

事務所の契約問題で、新旧の両大家と交渉が残っています。
FAXを出したり、電話をかけたり。けっこう駆け引きが面倒 です。

昨日は急に、MIMOSのアズマン社長(日経GIS会議のアジア分科会の 基調スピーカーで日本でも一緒だった)から連絡があり、99年または 2000年にクアラルンプールで開催を予定している、GLOBAL KNOWLDGE という会議の企画委員会に急に飛び込みで参加しました。
一日半つきあって、発言は一回5分、でしたが、いろいろ勉強になり ました。カナダ政府、世界銀行、ブリティッシュ・カンシルなどが 主要メンバーで、アフリカ、ヨーロッパからも参加があり。
インターネットのグリーンペーパー、ガバナンス問題も話題になって いましたが詳しくわかっている人が足りないのです。

で、明日は、日本の新聞にも出ていましたが、ビル・ゲイツがお目見えで、 早朝からスピーチを聞きに行きます。ドアはセキュリティのために、 9時に閉まり、11時30分までは開かれない、とモノモノシイお知らせです。

すでに、地元紙に、事前の彼へのQ&Aが掲載されているようです。 インターネットで見つけました。マイクロソフトの新しいDNSの 提唱というのが出ています。ナカミはまだ不明ですが。

午後からは、MIMOSがグリーンペーパーに出すコメントについての 相談で、呼ばれています。

明後日は、夜、日本からお客様です。その前に大家と交渉があるし。

その後、金曜夜から、ジョホール経由でシンガポールへ。
家族旅行といえば聞こえはいいのですが、ビザの更新の関係、 です。

その間に、レポートも原稿も仕上げるのがいくつかあります。

かくして、KLの夜は静かに更けていきます。
オフィスまで徒歩5分なので助かっているのですが、相変わらず暑さは 続いているし。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 03.22 2:42 PM
From: Izumi Aizu
Subject: [iznews 320] モンゴルから 8cmCD を探して

昨年6月、モンゴルで、インターネット関連の会議が開かれ、 私も参加してきたのですが、今度はここKLで、UNDP (国連開発計画)が主催して、情報化政策関連のセミナーが 開催されることになり、そのために、モンゴルから政府代表が 7名、昨日KLに到着しました。

私は、このセミナーには直接はかかわっていないのですが、 代表の団長であるバドラル首相顧問からメールが来て、今日の 昼間「買物」にお付き合いしました。

その買物というのが、メールでは「小さなCDがとケース、 包装紙がほしい」ということで、よくわからなかったのです。 実際にお会いしてよく聞いてみると、モンゴル政府が、情報化 関連の政策をまとめていて、その文書や背景資料などをCD にまとめて配布したい、ということなのです。

ただし、全部でおそらく10MB位の容量で、かつ100枚位しか 作らないということなのです。そこで、通常のCD-Rでは容量 が大きすぎるので、オーディーオ用の8cmのシングルCD(AVDD) のサイズで、データの書き込み・利用可能なものはないだろう か、ということでした。

これは、もちろん、通常のショップでは駄目でした。

勉強不足でよく知らないのですが、データ用に、8cmのシングル CDというのはあるのでしょうか? 聞いたことがないのですが。

日本でも、手に入るのでしょうか? それとも、通常のサイズ のCD−Rが正解なのでしょうか? 

CD-Rのドライブはあるようなので、生のCDに書き込み、シュリ ンクパックしたいようで、そのためのケースと用紙も探している、 ということでした。

なんとか地元の業者には聞いてみようと思うのですが、2、3日 で手配できるとはとても思えません。(金曜朝に帰国です)。

あるいは、業者にまとめて発注すべきなのでしょうか? 

その場合のコストや日数は?

このあたりの事情に詳しい方、よろしければ至急アドバイスください。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 03.23 2:04 AM
From: Izumi Aizu, izumi@anr.org
Subject: [iznews 324] Re: モンゴルから 8cmCD を探して

坪田さん、藤野さん、小畑さん、

さっそくの素早いお返事ありがとうございます。

モンゴル側で、CD−Rドライブ(ライター)はあるようです。

印刷も可能なようです。

問題は、5cmシングルで、CD−Rがあるのか?

あるとして、コストは、というのが
が最大のポイントのようですね。

私も、CD−Rにするのが結局は簡単だと思います。
彼は、小さい方がハンディでいいし、無駄がない、と言っています。
フロッピーの圧縮も考えたのですが、たとえば検索とか考えると、 いったんハードディスクに落とすというのも案外い面倒なようです。

ずいぶん前に、アップルが箱根フォーラムというのを開いたときに 最後の「決定」として、パソコンメーカーは、マルチメディアを推進 する具体的な手段として、今後CDドライブを標準にする、というの を「決議」した記憶があります。富士通、NEC、IBMもたしか 一緒でした。

DVDもいずれ標準になるのでしょうか?

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 03.25 4:41 AM
From: Izumi Aizu, izumi@anr.org
Subject:[iznews 334] Re: インテリジェント・パッドってご存じ?

At 7:31 PM +0900 98.3.24, TOMOMI TSUBOTA wrote:
> iznewsの皆さんへ
>
> <話題の1>
>  会津さん、情報通信サミットではご苦労様でした。

とんでもございません。本人が一番楽しんでいたりして。
顔は笑って。

>  その後、ダイエットはいかがですか。
>  昨日、宴会で話していたら、「60歳までにエージ・ウエートを達成します」
> という人がいて、大笑い。
>  ゴルフのエージシュートならぬエージ・ウエートとは!!!
>  小生も命つきたときに、エージウエートに達してなかったら恥ずかしいと
> 思っているところです。
> (その割に、68キロの壁で静止状態のこの頃ですが)

先日東京に出張した折に、健康診断を受けてきました。いわゆる
人間ドックです。でその結果が送られてきて、今回は無事、Aが
並びました。ほぼ異常なし、です。ちょっと不整脈あり、らしい
のですが。これはいつものことで。その他の検査数値はだいたい
OKでした。ものによって、標準の端の方の数値もありますが。

で、体重も、昨年夏から少々減らして、66キロ台です。標準体重
から誤差10%以内にこぎつけました。あと3キロ位、なんとか減量
させたいのですが、お酒をもっと減らして、運動をすればいいと
わかっていても、なかなかこれが難しいのですね。

> <話題の2>
>  最近の話題ですが、インテリジェント・パッドというのをご存じですか、
> (会津さんも関係してますよね、北海道大学の田中譲先生のプロジェクトです)

はい、いちおう名前だけなぜか入っています。
私もその意義は十分にはわかっていない、のですが。

>  要するにオブジェクトを紙の形にして、紙と紙が重なれば、インターフェースが
> 取れるという「機能する紙」をパソコンの画面上に表現したものなんです。
>
>  その普及活動をしている人から誘われて、3月31日に横浜でワークショップが
>あり、
> 午後のパネル討論に、小生が出ることになりました。よかったら聞きに来て下さい
>。

そうとは知りませんでした。実は、案内が回送されてきたのですが、
パネリストの名前が出ていないので、一度ごみ箱に捨てた直後に坪田
さんのメールを読み、あわてて拾い出したところです。

>  こういうことが技術的に出来れば、デジタルコンテンツの流通システムに
> 革命が起きるので、おおいに興味があります。

>  ジャストシステムも勢いが落ちて、ソフトと言えば米国製ばっかりの世界ですが
> このインテリジェント・パッドは国産の「雄」だと思います。
>  ぜひ、こうした面白いプロジェクトをご理解、ご支援下さい。

はい、コンセプトは素晴らしいと思います。問題は、マーケティングに あるのではないかと思っています。

ぜひ頑張ってほしいと思っています。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 03.26 3:28 PM
From: Izumi Aizu, izumi@anr.org
Subject:[iznews 336] ANRホームページの更新

内村さんにすごく頑張ってもらって、ANRのホームページ、
すこしづつ内容の更新・追加をしています。
やっと「What's NEW」が出せるようになってきました。

URLは、
http://www.anr.org
です。

このiznewsで、私がこれまでに書いたもののハイライトを編集
してアップしました。よろしければどうぞお読みください。

自分でも読み返すと一年前の記憶がよみがえってきたりします。

後から入られた方にははじめての中身、になりますね。他のメ
ンバーの方からのメッセージは割愛したので、前後がわかりに
くいところもあります。悪しからずご了承ください。

以下が、最近のWhat's NEWです。

What's NEW :

 from KL [iznewsハイライト] を掲載しました。 98.3.25

 ANRのホームページデザインを一新しました 98.3.13

 Outputsの「研究報告・記事」が増えました 98.3.13

 www.anr.orgのアクセス統計が見られるようになりました 98.3.3

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 03.27 4:40 PM
From: Izumi Aizu, izumi@anr.org
Subject:[iznews 339] 今度は断水です

雨季の雨が少なかったからか、浄水場の設備が足りないからか、 天災か人災かわかりませんが、明日から4月9日まで、水道の 給水が一日おきとなり、しかも、出る日でも午前11時から午後 11時までの時限給水となると、今日新聞に発表されました。

あわてて汲みおきをはじめたり。でも容器が足りないし。

10日以降については、追って決めるそうです。

あまり注意していなかったので、突然の発表のように思えます。

KLの一帯、おそらく100万人は影響を受ける地域に入っている でしょう。

サラワクではヘイズがひどいようで、新聞には、「生命にかかわる」 と政府の対策を求める投書が出ています。

またぞろ、騒がしくなりそうです。

経済対策も必要だし、金融機関の合併も期限である3月末に間に合わない
ようですし、新空港の開港は7月以降になりそうだし、モノレールの
工事は止まったまま、のようだし。

いやはや。

でも、陽気で楽天的なマレーシア、という基本は変わっていません。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 03.28 10:15 AM
From: Izumi Aizu, izumi@anr.org
Subject:[iznews 343] Re: Re: 今度は断水です

At 6:42 PM +0900 98.3.28, kichom wrote:
> 会津さん
>  すみません。「ヘイズがひど」とありましたが、ヘイズって何ですか。
> きっちょむ

失礼しました。ちゃんと説明しなくて。

ヘイズ=haze で、スマトラやカリマンタン島の山林火災(プランテーシ ョンの開墾による人為的な火災と、旱魃のための自然火災の組合わせ) による煙霧が、風に運ばれ、大気汚染となる現象です。昨年悪化して、 大問題になりました。日本語だと、スモッグ、というのが近いですね。

雨季があけ、風向きが変わると、ここクアラルンプールなど、マレー半島 にも襲来の可能性があるといわれています。観光客が激減するし、健康 にも相当の悪影響が出るしで、とても憂鬱な話です。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 03.29 2:07 AM
From: Izumi Aizu, izumi@anr.org
Subject:[iznews 345] Re: 今度は断水です

At 1:24 PM +0800 98.3.28, Koji Toyoda wrote:

> こんにちは、KLの豊田です。
>
> > 水がでない、ってどうなるんだろう?
> > 1月にKLに来てからはじめての体験です。
>
> わたしは4年半KLに住んでいて、停電と断水は結構
> 頻繁に経験しました。と言ってもある地区だけとか
> 住んでいるコンドミニアムだけとか。

たしかに、一年まったく断水経験がなかった私はラッキーだった、 のでしょう。停電もほとんどなかったし。

ただし、今回の断水は、KLを中心とする「クランバレー」 のほぼ全域を対象とするわけで、範囲の大きさでは、だいぶ 大きいのではないでしょうか。与党系の新聞にも政府の無策を 批判する論説が出ていたくらいですから。

今日は朝11時から給水されるという発表でしたが、9時過ぎには 水が出てきました。マンションで給水タンクがあるから、かも しれないのですが。

屋台での外食が心配になります。食器や食材を洗えるのかな、と。 先日も、KLの北の方で屋台が汚染源とみられるコレラ騒ぎが あったからです。

清潔な水道の水がいつでも豊富にあると思ってはいけない のですね。

「日本人は安全を水や空気と同じようにタダだと考えている」

と言ったのは、イザヤ・ベンダソン=山本七兵 でしたっけ?

ここKLでは、水や空気の有り難さが感じられます。

会津 泉

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 03.29 6:16 PM
From: Izumi Aizu, izumi@anr.org
Subject:[iznews 348] Re: Re: Re: 今度は断水です

岡さん、おひさしぶり、です。いらしていたのですか。

その停電は、当方のところまでは波及しなかったようです。

シャングリラホテルといえば、96年の8月、マルチメディアアジア96 (MSCの大発表をした)の終了直後に、マレーシア全土でたしか17時間 続いた大停電に、たまたまシャングリラに宿泊していて、直撃を受けた 記憶があります。冷房は止まりました。エレベーターは非常電源で 大丈夫で、部屋は20階位だったのですが、助かりました。

いちばんあせったのは、セーフティーボックス。電気ロックで、 開けなくなり、なかに航空券もパスポートも入れて、翌朝はやく チェックアウトの予定だったのです。夜中になっても、復旧せず。 おそるおそる朝起きたら、電気がもどって、無事に開きました。

でも、テレビは見えない、部屋は暑い、明りはない(ローソクを 持ってきてもらった)、レストランはクローズ(20分以上歩いて 屋台に行った)で、仕事にならないとクレームして、少々の値引き をしてもらいました。何事も主張してみるもの、ですね。

翌日、シンガポールのテレビニュースで、怒り悲しむマハティール 首相のインタビューをやっていました。「こんな恥ずかしいことは ない」と。

たしかに、「21世紀は情報社会、最先端のMSCでマレーシアもその 先頭に立つ」と言ってたった数時間後の国中大停電ですもの。

 私が出たパネルの司会がレオ・モギー エネルギー、通信、郵便大臣。
さぞクビが危ういのかと思ったら、電話会社を「民営化」した後だった ので、逆に叱る立場になれたようでした。

わからないものですね。

断水にも、すこし慣れてきました。

会津 泉




from KLメニューへもどる




[ ホーム ] [ 電子メール] [ アウト・プット ] [ 研究会 ] [ ANR リンク集 ]
Copyright(C) 1998 アジアネットワーク研究所