from KL [iznewsハイライト]  April 2000



会津 泉

(アジアネットワーク研究所/クアラルンプール)



Date: Sat, 1 Apr 2000
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1404] ディジタルディバイドについて

先週水曜夕方にKLに戻ったのですが、まず時差ボケがひどく、続いて ラップトップ(ThinkPad240) がまったく動かなくなり、全然メールに 迎えない状態が続いていました。

(KLで修理に出したら、たぶんマザーボード交換だろう、といわれま した。日本IBMさんのご厚意で無償貸与していただいているマシンなの です。せっかく調子良かったのに、、、)。

で、ようやく体調も回復し、マシンは、とりあえずデスクトップのマッ クを復活させたので、なんとかメールも出せるようになりました。

さて、ディジタルディバイドについて、関口さんからマイク・ネルソン経由 で、商務省NTIAの前長官のラリー・アービングにまでメッセージが渡り、 以下のような返事が戻ってきましたのでご紹介します。

もっとも依然として最初の一人、はわかりませんが。


会津 泉


From: "larry irving"

Hello;

I don't know that I can (or NTIA can) take credit for the "first" usage of the term, Digital Divide. We did, however, help to popularize the term, make it part of the lexicon, and provide the statistical analysis that clarified what the Divide was and is. The first use likely has been lost to history. The inclusion of the term in popular parlance is due, in significant part, to the three Falling Through the Net studies...

Hope that helps and I hope this email finds you both well...

Larry


以下は、マイク・ネルソンのメッセージです。

I'm not sure who first uttered the phrase "digital divide" in casual conversation, but I do know that Larry Irving, former head of the National Telecommunications and Information Association of the U.S. Department of Commerce, did a great deal to popularize the use of the phrase over the last few years.

Larry, can you my friend, Sekiguchi-san? Thanks.


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: Mon, 3 Apr 2000
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1407] eコラムに書きました

いつも締め切りを遅れながらの連載原稿、日本IBMのeコラムに書いたも のが掲載されました。ご興味あればご覧ください。

 http://www.jp.ibm.com/e-column/aizu.html

中身は、この一カ月の旅日記のようなものです。

カイロのピラミッドの写真も入れてみました。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: Wed, 5 Apr 2000
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1409] rightscenter.com の来日

オンラインで出版権利の取引を行う、新しいベンチャーがアメリカから 始まろうとしています。


詳しくは、以下をごらんください。

http://www.rightscenter.com

で、そのCEOである、Kip Parent 氏らが来日し、日本の出版・雑誌 ビジネスおよび投資家の人たちとぜひ会いたいといっていきました。 すでに、台湾などとはコンタクトしているようです。

ぜひ、良い人を紹介してほしいと頼まれたのですが、いまの私には 個別にご連絡・お願いしている時間がないので、ここで皆さんにまと めて呼びかけるという、ちょっと乱暴なことをしたいと思います。

ご興味のある方は、下記の人まで、メールで直接ご連絡ください。

先方の希望では、4月19日、20日の、夕方遅めか夜がいいようです。

この人が担当です。
>>Leying Jiang
>>Director, Asia Marketing
>>rightscenter.com




それではよろしくお願いします。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: Fri, 7 Apr 2000
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1410] 桜かな?

日本は、桜の季節のようですね。

ヨーロッパ出張からかえって、しばらく調子がでなくて、マシンも壊れ、 ちょっと困ってましたが、幸い、原因不明で直ってきて、、調子も戻っ てきました。

昨日今日でシンガポールに一泊出張しました。通信の全面自由化 が実施され、話題は豊富です。相当な危機感からの措置、だったと 思います。

日本も、外から見ていると、いろいろな「危機」が訪れているように 見えるのですが、その「対応」は、あまりそう見えないですね。

たとえば、ディジタルディバイドも、<地域>にとっては深刻な問題に なりかねない気がしているのですが、違うでしょうか?

フランスで、大成功したミニテルが、インターネットの普及のおおきな 妨げになっているという話を聞いてきました。フランステレコムも、容 易には新しい世界に移行しようとしない、できない。

シンガポールも、シンガポールテレコムは、競争を進める気があまり なく、政府が業を煮やしたとか。

どちらも、政府は相当の危機感をもっているようです。

来週、日本に行きます。大分にも。でも、地域のネットというのは、本当 にどう発展していけばいいのか、東京の資本の波に結局飲まれるのか、 それとも独自の発展の道があるのか。。。アジアの状況と重ねながら 考えてしまいます。

桜は散っているかな、私がつくころは。。
会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: Sat, 8 Apr 2000
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1414] Re: アジアのドメイン名費用

国によってみな違うので、細かいことまでは知りません。


最近は、各国とも有料化の方向に切り替わっています。
韓国、中国、、、。

申請が急増し、そのためのスタッフを、数十名単位で抱えている ところになると、とても無料や小額では賄えなくなっているようです。 効率化すれば、そうならない、という意見も、もちろんありますが。

日本では、JPNICがco.jp の登録を受け付けていますが、1件2万円です。 高いと怒るのであれば、ここに怒っては・・。でも、年間ではなく、登録時 のみです。

JPNICさんにも言い分はあるようですし、社団法人なので、収支は公開され ています。

http://www.nic.ad.jp/jp/materials/general-meeting/19990513/shiryou2-1.html

JPNICはドメイン名の維持費は直接はとりません。
接続先のプロバイダー次第です。


フィリピンで米ドルだてにしている理由は、よくわかりません。 PHNICに直接質問されては? 
PHNICも、問題があるという人もいますが、運用しているジョー・ディシニというの は、80年代、パソコン通信の時代からの知人でもあります。


で、これならアジアよりアメリカの方がまだいい、というのは、ちょっとあまりよく 理解できません・・・。同じお金を払うのであれば、自分たちに近いところ に落ちたほうが、地域経済としてはプラスなのではないでしょうか?

ドットコムも、いまは世界中で登録業者が展開し、競争になってきましたの で、「アメリカ」に登録するというのは、必ずしも正しくありません。 ICANNの新体制によって、大本のドットのルートサーバーを運用している NSI社は、いまはたしか1ドメインにつき9ドル、いずれ6ドルをとり、あとは 各事業者が自分で料金を定められるようになってます。

まとめて5年とか10年というのもあるようですね。

お答えになったか・・。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: Mon, 10 Apr 2000
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1415] 桜が散るまえに

昨日朝、KLから成田につきました。なんとか、桜が散る前に間に合った 感じです。家の近くの遊歩道を、夕方散歩しました。満開の桜の花の下。
ところどころで、<宴会>をしている人たちがいて、楽しそうでした。

今週末、土曜日まで日本にいます。主に今年度の活動の準備として。
一泊で、大分にも行きます。

KLには丸3年、満載の荷物といっしょに到着したのが、4月11日でした。 激しい雷雨に迎えられて。当時は珍しく思ったのですが、すっかりそれ にも慣れました。

私はKLからは、月末、26日朝成田着で、「引越し」てきます。といっても、 また5月にはKLに出張で向かうつもりですし、連絡事務所の機能は内村 さんにお願いして残すので、完全引き上げではありません。

でも、3年間、あっという間に過ぎた気がします。この間、とても大勢の方 に支えてこられたのだなと、あらためて感じています。何を得て、何を得ら れなかったのか、5月の連休に、すこしじっくり考えてみようという心境です。 今後の活動の方向も。

新年度、異動される方も多いようですが、メールアドレスが変更になった方、 お手数でも、新旧両アドレスをお知らせください。登録変更いたしますので。
新アドレスを連絡いただけないと、そのまま配信できなくなってしまいます。


会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: Sun, 16 Apr 2000
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject: [iznews 1418] 【求むアドバイス】SOHO立ち上げにあたって

昨日、東京からKLに戻ってきました。いつものことですが、
最初の一日ほどは、まだこの暑さに身体がなれません。
でも、今週は、挨拶まわりやら引越し準備で忙しくなりそうです。

同僚の内村さん(次期ANRKL事務所長をお願いする予定)が、 ミゾに落ちて、手を骨折、足を怪我して、、、たいへんだったそう です。昨日夜少しだけ会ったけど、痛々しい・・・。手がまだはれてるし。

話は変わりますが、東京に戻ったら、いったん自宅をSOHOに して仕事ようと思っています。
で、ここには、先輩もいらっしゃるかなと思い、アドバイスをいただけ るとうれしいのです。何でもいいのですが、、とくに、以下のようなこ とを、ぜひ。

1 サーバー、ネットワークについて

いまは東急ケーブルのインターネットを使っています。自宅内は イーサネットのケーブルで、HomeLANに一応なっています。

で、サーバーをどうしようかと思っています。
まずは、ANRのメールとウェブなどのサーバーです。

レンタルが無難だと思うのですが、独自ドメインにしようと思ってます。

この業者さんが安心だからお薦めだとか、こういう点はよく考えたほうがいい、 といったことがあれば、ぜひ教えてください。自薦他薦、何でもけっこうです。 必要なら個別メールで、でも。

たとえば、こんな問題。
ご承知のように、私は海外からのアクセスがすごく多いのですが、 メールのセキュリティでいつも悩んでいます。最近は自分のネット (とローミング先)からのアクセスしか、送信サーバーの利用を認 めないところがほとんどで、けっこう苦労しています。これは解消 したい、でもセキュリティはちゃんとしていたい。

サーバー全体の管理は、もちろん自分ではしたくない。でも、 なにかあったときには、迅速に対応してもらいたい。できれば、 24時間、365日。(海外からだと時差なんかあって、とくに)。

メーリングリストは、自分で簡単に作ったり、管理したりしたい。 ウェブのアクセスデータは、一応ちゃんと見たい。

さらに、スケジュール管理など、グループウェアも、良いものならほしい。 できれば、PCとかパームパイロットなどのPDAともちゃんと連動させた い(双方向でシンクロさせたい)。

あと、仕事用には、データをいつもバックアップしておいて、出先か らでも必要なファイルを取り出したい。

そのためも含め、自宅に専用線を引くこともありかな、と思ってます。

HomeLANとつないで、いろいろ実験も考えてみたいと思っています。 何をするか、いま色々検討しているところです。

これは、きちんとした研究プロジェクトにしようと思っています。興味あ る方、メールください。

その他、経理とか、事務なども、なるべく<アウトソース>しようと思って るのですが、何かこれもアドバイスがあれば、ぜひ。

全体に、コストは抑え、パフォーマンスは高く、、、する必要があります。

ちなみに、自宅は、目黒区、東横線の都立大学です。
そうそう、toritsu.com というドメインをとってしまいました。
何に使うか、決めもせず、衝動的に。

ということなんです。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: Tue, 18 Apr 2000
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1422] Re: 【求むアドバイス】SOHO立ち上げにあたって

いろいろな方から、SOHO関連のアドバイスを続々といただき、ありが とうございます。

なるほど、と思われるところが多々あり、聞くべきものはメーリングリスト だと、われながら改めて感じています。とくに直接の経験に基づいたもの は本当に貴重ですね。

今月25日の移動を前に、さすがにバタバタしているため、個々にお返事が できないことをお詫びします。でも、いずれも大変参考になっています。

なお、偶然ですが、レンタルサーバーについて条件検索ができる サイトを見つけました。

http://www.inter-eye.com/domain/

ちょっと便利です。でも、肝心の知りたい項目がなかったりで、十分で はありませんでした。参考にはなります。

私のような、SOHOをまとめて支援する、それもほとんどインターネット 経由で、という会社というか、ビジネスがあれば、きっと発展すると思う のだけどなあ。。と思いました。

楽天、ではないけど、まとめて面倒みてくれる、でも個性は生かせる というような仕組みです。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: Wed, 26 Apr 2000
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject: [iznews 1426] 移動します

いよいよ、移動の日となりました。片付けを終えて、いまはもうKLの 空港です。

まず、お知らせです。

ANRもマレーシアで満3年を迎え、会津が東京に本拠を移動、 (株)アジアネットワーク研究所を始めます。

内村はANRのクアラルンプール事務所代表となり、 久保田は日本に帰国し、結婚し、京都での新生活に入ります。

これまでのご支援に感謝すると同時に、今後も、われわれ3人 をぜひよろしくお願いします。

東京の新しい連絡先は以下の通りです。
(会津の自宅=SOHOです)。

(株)アジアネットワーク研究所
〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1-28-15
TEL & Fax: 03-3725-3801
E-mail: info@anr.org www.anr.org

KL事務所は、しばらくは変わりません。5月半ばに、近くですが、 移動する予定です。追ってまたお知らせします。

会津 泉

(と書いて、結局メールを送るのは、日本到着後となりました)。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: Sat, 29 Apr 2000
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject: [iznews 1431] 東京で、3日目

26日早朝、成田に到着し、今日まで3日が過ぎました。
なんだか忙しい時間が過ぎています。日本のペースは、マレーシア の倍以上ですね。

というわけで、皆さんからアドバイスを次々にいただいているのです が、例によって個別にお答えする時間も足りなく、不義理をしていま すが、どうぞお許しを。いずれ、SOHOの事例研究会でもすべきかな、 などと思い始めました。HOMELANもかねて。

今年は毎月2回は日本に来ていたので、珍しいこともないはずなの ですが、やはり「本拠地」を東京に移動した、ということは、意識の 上ではだいぶ違うようです。

26日は、終日自宅(=SOHO)の環境づくり、、電話回線をISDNに切替 えたはずなのに、つながらないので、NTTに工事に来てもらったり、部 屋の片付けなどなどで終わりました。

昨日は、午前中は会社の登記や銀行の口座などの確認、午後は出か けて、夕方、渋谷での未来メディア研究会で講演。「ビットバレー」の熱 気にすこしあたってきました。

今日はGLOCOMで、大分ハイパー研にあたらしく出向されるメンバーへ のオリエンテーション、雑誌原稿の打合せなど。

3年分の片付いていない部屋と、その隣の部屋の、10数年分の資料の片 付け、ゴミ出し、などなどでまだまだ作業が続きそうです。なかなかキーボ ードに向かう時間も足りません。

土日で、すっかりたまってしまった原稿書きと片付けをしないと・・・。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: Sat, 29 Apr 2000
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject: [iznews 1433] Re: [iznews 1432] RE: 東京で、3日目

尾野さん、

お久しぶりです(このリストでは)。

はい、ぼちぼち「出戻り」を開始しています。
私も、東京には毎月のように来ていたのですが、いざこうやって 「本拠地」として見ると、全然違って見えます。というか、町を歩いて いても、「新鮮」というか「違う」というか、、見え方が違うのです。

インターネットの回線は、去年からケーブルにしています。東急沿線なので。 で、電話とFAXをIDSNにしたのです。正確にいうと、以前もISDNにしていた のですが、いったんアナログにしたのを、またISDNに戻したものです。

ところが、、、。NTTに連絡したら、局側を切り替えるだけで、ISDNが復活 できるということで、その「工事」を、私の不在中にしていたのです。
開通確認はできないまま。(TAとIDSN回線をつなぐとか、宅内部分があった ため)。
で、日本に着いて、室内の、前のDSUからTA(MN128SOHO)にIDSNの 8芯の線を接続し、そこからアナログの線を電話機につないで、電話を かけると、「話中」音がします。どこをどうかけても・・・。いくらやっても駄目 なので、NTTの116にかけました。

確認してもらうとDSUに接続されていないというのです。それが、こちらの 宅内のせいなのか、違うのか、わからず、結局、午後来てみらうことになり ました。NTT-MEから二人で来られて、しばらく室内を見た後、外に出て、 ずっと戻ってきません。いったいどうしたかと思って、外に出たら、電柱に 登ってなにやらしています。「お宅まで、回線が行ってないのです。途中の 保安機を設定しなおす必要があるけど、梯子が届かないので応援に来て もらっているところです」と。30分ほどして、高い梯子車が来て、ようやく 工事終了、開通となりました。

切り替えは18日になされたはずですが、26日まで、不通状態だったという わけです。それもNTT側の「ミス」で。連絡して、基本料をその間は差し引 いてもらうことにしましたが。

というわけで、電話一つでも、ちょっとは手間がかかったというわけです。
でも、マレーシアと比べると、全然ラクですが。

会津 泉


from KLメニューへもどる




[ ホーム ] [ 電子メール] [ アウト・プット ] [ 研究会 ] [ ANR リンク集 ]
Copyright(C) 2000 アジアネットワーク研究所