from KL [iznewsハイライト]  February 2000



会津 泉

(アジアネットワーク研究所/クアラルンプール)



Date: 02.07 0:08 AM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1355] 春節です

東南アジアは、昨日が中国新年、最低でも明日まで3連休のところが 多いようです。

ここKLも例外ではなく、町はガラガラ、店も大半はぴたっとしまって います。日系のジャスコだけは、全店オープンとか。ローカルの人も 大勢来ていました。

時折、爆竹とか花火の音が聞こえてきますが、それ以外は静かな 新年です。こちらにとっては、仕事のかきいれどき。原稿がたまって いて、、、。

どうやらこのまま経済は回復するのでしょうか。たしかに銀行も 整理が進み、負債も回収ないし放棄され、人々の顔には明るさ が戻っているようです(もともとここでは明るい人たちばかりで、 深刻な話はあまりなかった、ということもありますが)。

シンガポール政府が、予定を早めての通信事業の全面自由化を打 ち出し、ネットビジネスの急展開が予感されています。3月初めの シンガポールでのアジアマルチメディアフォーラムの会合で、大臣 が、ICT21、つまり情報通信による21世紀ビジョンというのを発表す るようです。

今年は、アジア全体を<ドットコム>の嵐が駆け抜けるのかもしれ ません。

そんなことを考えながら、いま2月末から3月はじめに、アジア全体 のインターネットの関係者が集まる一大会議、APRICOTの準備を 進めています。わがAPIAでは、「IPO」をテーマに、日本のインター ネット総合研究所、韓国のプロバイダーのINET、香港、シンガポール などのネットビジネスのサクセスストーリーの立役者を招いての セッションを行おうと思っています。2月29日午後、ソウルのホテル シェラトンです。全体では、28日から2日までの4日間、前後にも 様々な会合が開かれます。

少々寂しいのは、このAPRICOTには、日本からはスポンサーがゼロ であること。。。

地元韓国はもとより、アメリカの主な企業はずいぶん 入っているのに・・・。ことインターネット関連では、どうしても、日本 は《内向き》になるのでしょうか・・・。それとも、「コミュニティ」づくり はビジネスにはならない、と思われるのか・・・。

3月にKLで開かれる、Global Knowledge II という、途上国の情報化 についての会議でも、欧米からは続々と申し込みが来ているようで すが、日本は全然です。4月にネパールでも、同様の会合が、国連 開発計画が音頭をとって開催されるようですが、シリコンバレーの 大物は来るようだけど、やはり日本の人の話は聞こえてこない。

ちょっと考えさせられています。
北矢さんの「ソシオ・カンパニー」を読みながら・・・。
「グローバル・スタンダード」って、何だろうか、と。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: 02.08 1:08 AM02.08 1:08 AM
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1357] Re: 花王の橋山氏の訃報

見出しを見て、思わず息を呑んでしまいました。

あの橋山さんが、ですか・・・。まだ50代でしょ、、たしか。 まさか、ですね。

橋山さんには、私が最初にパソコンに興味をもった、80年代のはじめに、 花王の別の知人の紹介で、無理やり押しかけて、どこの会社のパソコン を導入したらいいか、などと教えてもらいに行ったことが一回あります。

その後、5年くらいしてから、パソコン通信で、会社で講習会をするので、 と講師で呼ばれたのが、「再会」のきっかけだった気がします。
OA導入では、先輩として教えていただいたのですが、パソコン通信で は、なぜか反対になっていました。

でも、その後、ネッ研という、私が所属していた会社のマルチクライアント の勉強会に熱心な常連として参加していただき、いつも情熱豊かな議論 をされていたことを覚えています。松下電器の皆さんが、花王さんを徹底 的に研究材料として通われたときにも、橋山さんがいつもお相手をしてた はずです。

マレーシアに移ってからは、お会いしたかしないか、、たしかしていなかっ たのでは、と思います。そう、私たちのために開いてくださった壮行パーテ ィーには来られてくださったので、もしかするとそれが最後だったのかもし れません。

あの情熱で、もうすこし、会社のためというより、世の中のために頑張って ほしかったのに、まったく惜しい方を亡くしたものです。

心からご冥福をお祈りいたします。

坪田さん、お知らせいただいてありがとうございました。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: Wed, 16 Feb 2000 10:19:42
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1372] 今度は関空からです

一週間の日本滞在、今日で終わりです。

9日に、新しいネット利用による学校の開設の記者会見に 一緒に出て、週末まで東京にいて、連休中は原稿書き。 (まだ終わっていないのがあるのですが)。

おととい、昨日は、大分に行ってました。
ハイパーネットワーク社会研究所の新年度の方針を討議する のが中心でした。

で、夕方、地元の情報化担当の人たちとの勉強会があって、 大分駅9時過ぎの「彗星」にのって、今朝大阪に到着、いま 関空のラウンジまで到着しました。夜行列車、たしか20年以 上も乗っていなかった気がします。B寝台でしたが、昔のよう な3段ではなく、2段で、幅も少し広く、クッションもまあまあで、 それなりに眠れました。

これから2月の25日まではクアラルンプールに落ち着いて、 その後は、ソウルでのAPRICOT、3月はじめには、また東京 によります。

日本でも、IIJのナスダック上場、IRIのマザーズ上場で、 インターネット株の「ゴールドラッシュ」が起きているようですが、 一方で「バブルだ」と切ってしまう人もまだまだ多いですね。 もちろん、投機的な要素がないとは思いませんが、でも、 確実に新しい社会の枠組みが作られ始めている、そのなか の試行錯誤が生まれている、と思えてなりません。

昨日、大分の勉強会で「日本は小中学校の教育の質は 世界一だが、大学は最低だ、アメリカはちょうどその反対だ、 これをどう思うか?」と聞かれました。難しい質問ですね。 でも、うまく言えないけど、日本の小中学校の教育は、 工業社会、モノづくりを中心としたシステムに最適の人材を 育てるようにできている気がしますが、これからのネット社会 を作り出す、柔軟で、自立した人間を育てるのには、果たして 向いているのか、とても疑問だ、と申し上げました。自分の 子供はもういちばん下でも高校に入ろうという年代なので、 たしかなことは言えないのですが。

といったことを考えながら、そろそろまた飛行機にのります。 公衆電話から、うまくアクセスできるかな・・・。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: Thu, 17 Feb 2000 23:41:14
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1374] 情報文明 メーリングリスト

GLOCOMの公文先生が、情報文明について論じる、個人メーリングリスト を立ち上げられました。ぜひiznewsのメンバーにも紹介してほしいという ことなので、僭越ながら、私からご案内します。

参加を希望される方は、直接、公文先生 shumpei@glocom.ac.jp までメールしてください。

その際には、できれば、Subject欄に、「情報文明メーリングリスト参加希 望」と書かれると、わかりやすいくていいかなと思います。

 内容は、主として先生からのアカデミックな論の提供で、それに皆さんが 自由にコメントする、というスタイルです。

 なお、ここiznewsと比べると、内容は「固い」ものになると予想されますの で、参加される方は、どうぞそれなりのご覚悟?を。

以下が、先生からのメッセージです。

会津 泉

***********************************
 こんど下記のような趣旨で、情報文明について語り合う私の個人メーリング・ リストi-civil@ml.glocom.ac.jp)を立ち上げてみることにしました。ご関心のあ る方は、参加申し込みのメールを私にください。

公文 俊平


立ち上げの趣旨

 情報文明論を1994年にNTT出版から出して以来、もう5年半ほどたってしまい ました。その間何度か続編あるいは改訂版を書きたいと思いながら、なにしろ情 報通信革命の展開があまりに急速で、日々の変化を追いかけるだけでも手に余る ほどでした。それにしても、今年は何とか90年代の後半の事態をベースにして、 今後の展開をも念頭に置きつつ、一冊まとめてみたいと思います。

 このリストは、そのための私的ではありますが公開の作業スペースにしたいと 思います。最初のうちは取り上げたいいくつかのテーマについて、雑談風にみな さんと意見を交換させていただき、その中で次第に内容を固めていけるといいな と思っています。私の目にとまった日々の新しい情報も盛り込んでいくつもりで すので、それについての評価や感想も聞かせてください。

 なるべく肩のこらない形で進めたいと思いますので、どうかよろしくお願いい たします。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: Sun, 20 Feb 2000 22:40:56
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1376] 冷蔵庫がなくなった

たまには、肩の凝らない?、ばかばかしい話題でも。

KLの我が家の冷蔵庫、昨年暮れから、たまに冷蔵機能が効かなくなって、 冷凍室の氷が溶けてしまうことが起きたのですが、そのまま完全に止まる のであればまだしも、半日も置くといつのまにか直ってしまうという状態が 続いていたのです。それも、最近はけっこう順調で、元に戻ったような感じ で。

でも、大家のものだから、連絡して、専門家に修理に来てもらったのです。 なにしろ、出張ばかりで、なかなか家にいるタイミングもなくて。で、昨日、 土曜日の昼前に、大家(の娘)が立ち会って、調べてもらったところ、タイ マーが故障しているから、持ち帰って直せば直る。というのです。最初は 一週間といってたので、それは困る、だったら次の出張にときにしてほしい と言ったら、しばらく相談して、今持ち帰れば夕方には修理して届ける、 というのです。それなら都合がいいと、庫内の食料品を全部台所にバラ まいて、空っぽの冷蔵庫を持っていってもらいました。

ところが、、、夕方、仕事に追われてふと気が付いたら、もう7時。音沙汰 なし。土曜ということは、明日は休み、下手すると月曜まで冷蔵庫なし、こ れはたまらない。(最高気温30度を越えるのですから、冷蔵庫がないと、 食料貯蔵にも困るし、、冷たいビールも飲めないし)。

で、もらっておいた電話番号に電話すると、、、

「もうここには誰もいない、自分はただ掃除に来ているだけだからわから ない」というのです。しばらく押し問答したら、別の人間が出てきて、、 また押し問答。「もうトラックがない」「わかる人間がいない」。。。でも諦めず になんとかしてほしいと頼むと、「10分したら電話くれ」と。そこで、大家に バトンタッチ。「それはひどい、わかったなんとかするから」と。

しかし、8時、9時、、何も連絡なし。こちらも意地があるので、電話せず。 半分は諦めの境地。そう今朝になって、大家から「昨日、届いた?」だと。 冗談ではないが、でもここはぐっと我慢。「いや、全然」「それはひどい、 すぐ連絡してみる」
そんなこといったって、日曜は休みでしょうが、、、1時間ほどして、「やっぱり 誰もいない。ひどい。警察に届けるかも」

「あ、そう。それはそちらの自由だから、どうぞ。でも、困っているのだ」と しか言いようがなく。

かくして、貴重な週末、冷蔵庫のない生活。開き直って、それもま、良い 経験かな、と。Y2Kは無事にすんだけど、普段から電気、ガス、水道と便利 な生活に浸りきっているとき、こうして、「マレーシアだから」と文句をいいつつ 文明の有り難味をしみじみと感じているところです。

こんな駄文も、電気とパソコンと電話とインターネットがあるから、こうして 皆さんに送れているわけですね。衛星TVでNHKの平平凡凡番組も送られて くるし(本命の、サッカーやラグビーは全然見れないのだけど)。

というわけで、冷蔵庫が消えたことを、本来の仕事である原稿書きなどが進ま ない言い訳に、お披露した次第です。でも、野菜やら調味料やら、そろそろ 捨てないといけないものもあるな。もったいないけど。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: Thu, 24 Feb 2000 00:53:02
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1377] 宣伝です

月曜の、 Asian Wall Street Journal に、原稿が出そうです。

インターネットのガバナンス、ICANNについて、アジアの視点で 書くよう依頼されて。編集で半分になりましたが。

たぶん、Webで見られるはずです。 www.wsj..com で。

会津 泉


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Date: Sat, 26 Feb 2000 23:53:02
From: izumi@anr.org (Izumi Aizu)
Subject:[iznews 1378] 駆け足で、ソウルにきました

KLに珍しく足掛け10日も滞在していて、また、昨日の深夜12時の便で、 KLを出て、今朝関空に到着。そのまま京都に行って、スタンフォード 研究所、今井先生のところの月例の研究会に出て、インターネットの ガバナンスやY2K、アジアの状況などについて報告させていただき、 夜7時関空発で、ここソウルに着きました。

日本を宿泊しないで通過したというのも、珍しい経験でした。 あさってから、ソウルで、APRICOTという、アジアのインターネットの 「お祭り」というか、複合会議があって、2日までいます。全体では 土曜日まであるのですが、3日の日経さんの世界情報通信サミット を覗こうと思って。他にも用事があるし。

明日も、一日、<内輪の会議>です。アジアのインターネットの 各組織の代表?が集まって。これからどうしていくの?というような。

ここシェラトンホテルはソウルで唯一カジノがあるところらしいのですが、 10時過ぎについたので、見てはいません。スケートのワールドカップ の選手たちが、宿泊しているとかで、満員です。景気もだいぶよくな てきたようで、活気があります。インターネットでは、日本より普及して いるというし。明日から、そのあたりも見たいと思っているのですが。

AT&Tのローミングがうまくいかなくて困っていたら、たまたま地元の ISPの知人が電話をホテルにしてくれて、彼から臨時でアクセス番号 を借りました。助かったというか・・・。

さて、明日からまた会議の忙しさに突入します。火曜日は、APIA の年次総会、役員選挙、活動報告など、事務局長として、仕事し なければなりません。


会津 泉


from KLメニューへもどる




[ ホーム ] [ 電子メール] [ アウト・プット ] [ 研究会 ] [ ANR リンク集 ]
Copyright(C) 2000 アジアネットワーク研究所